灯油を除草に使う

 昔、冬に使った灯油の余りを雑草の生い茂る庭に撒いたことがある。数日後、灯油が触れた部分だけが見事に枯れていた。周囲の葉も、飛沫が付いたところが飛沫の形に枯れている。私はこれを見て、その効果と即効性に驚いた。

 

 除草剤を使うと有害な薬物が残留するが、灯油は揮発して跡形もなく消える。 灯油が除草に使えることは、意外に知られていないようだ。

 灯油を燃やして使う除草バーナーなる商品があるが、狭い住宅街の庭で火を使うと火事になるリスクがある。そのまま撒けばよいものを、わざわざ燃やす必要なないと考える。

 

除草を目的とした灯油の使い方

 使い方は写真のように根っこ付近に少量、染込ませるだけ。隙間に生えたガンコな雑草も数日で枯れる。葉に付けても効果があるので、スプレー散布ができる。

 

DSC03506 DSC03532

 イネ科の雑草は厄介でアスファルトやコンクリートの隙間に生えたものは除去困難。これは灯油(ペイント薄め液でもよい)を根っこ付近に染込ませるだけで、根っこごと枯らすことができる。右は4日目の様子。

 

除草以外の使い道

 灯油には除草の他にもいろんな使い道がある。私のところでは、

・シールはがし
・除草
・マジックインキの除去(素材を痛めない)
・テープを貼る前の洗浄
・CPUクーラーのグリス除去

に活用している。

 油の成分は木材やプラスチックへの影響が少なく、弱い溶剤として万能に使える。とくに重宝するのがシールはがしと除草だ。大抵のものは染込ませて5分も立てばペロっとはがすことが出来る。

 

<関連商品>
除草剤 最近は根こそぎ枯らしてすぐに分解無害化するのが商品化されています
防草砂 隙間や小さな部分防草に便利です

 <関連記事>
CPUに付いている古いグリスの落とし方

意:灯油をやたらに撒くと土壌を汚染します。使用はあくまで自己責任で。