決定的にダメな国産家電のUI

 クルマにパナソニックのナビ(ストラーダ)を取り付けてみた。UI(ユーザー・インターフェース)は複雑怪奇であり、やりたいことが直感的な操作できない。寄り道機能は「いったい何回ボタンを押させるの?」と叫びたくなる。

 このナビを使うためには、いろんな面で人間がナビに合わせる必要がある。

 

 ナビのUIがダメなのはパナソニックに限った話ではない。他社も似たようなもの。パナソニックを選んだのは、過去の経験からダメな中でもマシな方だと思ったから。

 UIの問題はナビに限らず家電にも共通する。ダメなUIの代表に、テレビのリモコンがある。どこの商品を買っても例外なく使いずらい。

 UIの問題は、家電にとどまらない。HIOKI、横河、小野測器らは、計測器の分野でダメなUIの機器を作り続ける代表メーカである。

 

 

磨き抜かれたAppleのUI

 アップルが特徴とする「消費者が思い入れを持ってくれるような狂おしいほどの魅力」は、徹底的に考え抜かれた「UI」「デザイン」から産まれるもの。そんな国内商品は見たことが無い。

 国産製品は商品単価の安いものほどデザイン共々醜い。手にとって見ると、「これはこんなもんでいいや」という作り手の意識、やる気の無さが伝わってくる。

 アップルの商品企画はCMやデザインから入るらしい。日本でアップルのような商品が産まれないのは、ジョブズがいないからではなくて、商品企画のプロセスそのものに問題があるのかもしれない。

 

<関連商品>
スティーブジョブズ

 <参考文献>
どん底時代のスティーブ・ジョブズの思い出 – Market Hack
http://markethack.net/archives/51774163.html