DIYで鳥害対策~防鳥コイルの作り方

 我が家にはカーポートがあるが、内側のわずかな隙間に鳥がとまってクルマが糞で汚れるので防鳥対策することにした。駅のホームなどで見る金属製のトゲはアマゾンで買えるが、たくさん使う場合は高価になる。市販のトゲシートは寿命の短い樹脂製で、60cmあたり千円以上するため沢山使うのに抵抗がある。フェンスの忍び返し[1]同様、こういうものは自作するに限る。

 材料は#20(0.9mm)のステンレス線、固定用部材(屋外用テープ、インシュロック、細いステンレス針金)だけ。ステンレス線をコイル状に巻いて、これを鳥がとまるところに設置する。

 我が家のカーポートの場合、施工する隙間の全長は10mちかくある。コイル径45mm、コイルピッチ15mmとすると、必要なステンレス線の長さは π×コイル径×(全長/ピッチ)=94.2だから、施工全長の10倍が目安になってわかりやすい。材料費は1.5千円程度だ。

 一番面倒なのはコイル巻きの作業になる。手巻きするにしても冶具を作らないと大変だ。ボビンはクラフトチーズの空瓶(φ45mm)を利用、これを横置きに固定した棒に差し込んで線の先端をガムテープで止めてからくるくる回すようにすると比較的簡単にコイルを作れる。

 φ45mmのボビンに0.9mmのスレテレス線を巻くとスプリングバックしてφ55程度のコイルが出来上がる。カーポートの隙間は幅600mm×16箇所ある。コイルピッチ15mmだと 600/15=40回巻いたコイルを16個作ればよい計算になる。

 ボビンにステンレス線を巻いて防鳥コイルを作っている様子 完成した防鳥コイル
 右の写真は完成したコイル。両端は安全のためペンチでリングに整形しておく。

 

 下の写真は実際に施工したところ。隙間にコイルを差し込んで両端と中央を屋外用の耐候性テープで留める。目立たず、パッと見わからない。これに対し鳥は飛びながら入るしかないが、羽根を広げているので15mmピッチのコイルの隙間に入ることはムリである。
カーポート下の隙間に防鳥コイルを設置した様子  φ45mmのボビンで作るとちょっと太くて、巻き線のスプリング効果で屋根材がやや浮き上がってしまう。φ40mm位のボビンを使うと仕上がりがφ50mmになってちょうどよい。ホームセンターで調べたらエンビ継手にφ40のものがあったので半分はこれで施工。

 コイル状の防鳥アイテムは隙間以外に使えるかもしれない。φ40mm位の細いコイル上には、鳥は留れないと見られるからだ。トゲよりも安全性が高い点も見逃せないメリットだ。

 

 

<参考購入先>
ステンレス針金#20 0.9mm×199m
エンビ継手 ソケット 外径40mmのボビンに使えるエンビの継手。これで巻くとスプリングバックしてφ50のコイルが作れる。
屋外用テープなどの施工資材一覧

<関連記事>
1.フェンスの忍び返し
クルマが鳥の糞でベタベタ!~電線の鳥害対策

<参考資料>
バードコイル http://www.birdmaster.co.jp/birdcoil.htm
 似たようなものが商品化されている。コイ ルの固定は電線固定用の部材で流用できそうである。バードコイルの直径はφ100mm、ピッチ40mm前後と大きいもので、鳩やカラスなど大型の鳥を対象とした商品だ。スズメなどを対象とする場合はφ50、ピッチ20mmくらいがちょうどよいだろう。