クルマの買取と査定価格の不思議

 13年乗ってきたスカイラインR34 GT-Vを手放した。ターボでもないのに、40万円近くの値段がついた。買い取り価格は売値の4割と聞くから、100万円くらいで中古市場にでるのだろう。

 

 いまではネットで一括査定の申し込みができる。多数の業者に出張査定させたが、どこの業者も比較されるのを嫌ってはっきりした値段を示さない。希望金額を聞き出して即決を迫るのが一般だ。

 クルマの買い取り価格はオークションの相場という「基準」がある。店に展示して1.5ヶ月売れなければオークションに出すので、オークションの相場-諸経費 以上で買い取ると赤字が出るらしい。

 なので、どこに査定させても基本的に金額は同じであり、「どこよりも高く買います」というセールストークの実態はオマケでプラスαいくら付けるかというだけ。なにか特別な事情がない限り(欲しいという買い手が既にいるとか)買い取り金額が大きく変わることはない。

 もっと高く売りたかったら、ヤフオクなどで自分で買い手を捜して売買する手もある。しかし個人売買は犯罪に利用されるなど、いろいろリスクがあるのであきらめた。

 

 業者の査定は1社当たり1~2時間かかるのでネットから一括見積を出すと後の対応が大変になる。そこで複数の業者を同時刻に呼び出してその場で同時査定させる人もいるようだ。これは賢い方法で、その場で競合させられるし時間の手間も省ける。

 査定させるとみな熱心に見ていく。ウエザーストリップまで剥がし始めたときは驚いた。1社だけ、クルマに指一本触れないで査定した業者があった。取締役の方だったが、私の顔とクルマを見て、

「年式にしては状態いいですね。わかりました。」といって帰ろうとしたのだ。

「エ? エンジンをかけるとか、ボンネットの中とか、見なくていいの?」
「ええ、十分でございます。」

内装の様子は、私が車検証を取り出すときにチラっと見たようで、「綺麗に乗られてますね」と言っただけである。まるで「なんでも鑑定団」で見る風な光景だった。

 最後に、クルマを売るときは足元を見られないよう注意したい[1]。どうしても今売らなければらないような状況は作らないことだ。

 

<査定の窓口>
あなたの愛車は今いくら?複数社の買取店ネットワークが回答します!!
クルマを賢く買う人はみんな利用しています! 個人売買の仲介。こちらの方がオトクかも

<関連記事>
1.クルマの買取専門店は良心的か