小型スピーカーの選び方~人気のDALI ZENSORを検証する

 近年小型SPの人気が上昇している。テレビの横に置いて音質を改善したり、PCモニターの横に置いてネットを見ながら音楽を聴く。そんな楽しみ方をしている人が多いようだ。

 手軽にPCスピーカーのグレードアップができて、PCスピーカーよりもいい音で音楽を楽しむことが出来る。今回はそんな人気の小型スピーカーを入手して特性を調べてみた。

 

DALI ZENSOR1 vs JBL Control1

 ZENSOR1は目立たない黒をセレクト。デザイン、仕上げ共かなり力が入っている。

 右のControl1はヤフオクでGetしたエッジ補修済みのレストア品。

 

dali ダリの正面周波数特性。比較的フラット。能率が86.5dBと低いこともあって大人しい音。導入当初はボンヤリした音だが鳴らし込むにつれて良くなった。

 f0c=99Hz、Q0=0.93。聴感上この付近の低音が若干強調されて聞こえる。ポートの共鳴周波数35Hz。これは空気抜きと考えてよさそう。

 

ct1_1  Contol1の正面周波数特性。ややクセのある音。能率が89dBと高くダリより活力ある音が聴ける。

 f0c=144Hz、Q0=1.3。Q0が高いため144Hzが盛り上がる。高域に高域共振とみられるピークがある。これはTW軸上を少し外れるとフラットになる。

 ポートの共鳴周波数41Hz。ポートから出る音圧はゼロに等しくこれも空気抜き。

 
 

<測定の詳細>
 測定位置はSP近接(数十センチ)。WaveGeneでピンクノイズを作って再生、ICレコーダで録音し、WaveSpectraと1/3Octバンド分析マクロ[3]を使って計算するとこのグラフが得られる。f0cとQ0cはインピーダンス特性の測定結果から算出[1]

 

 ZENSOR1が人気の理由は、ソフトドームとパルプコーンから出るクセのない音にありそうだ。低音も実用十分に出ていてBGM的な使い方ではサブウーファーも要らない感じ。

 Control1は能率の高さとドンシャリに近い音色から言って、店舗などの天井吊り用途に適している。

 

 

SPEKTOR1、PICO、PICO VOKALの違い

 2015年にZENSOR1をそのまま小さくしたPICOとPICO VOKAL、2017年にHi-Fi志向のSPEKTOR1が登場している。

 このクラスの小型SPは、PCスピーカーのようにモニターの両脇に置いて使える。PCスピーカーでは物足りないがZENSOR1では大きすぎる、そんなニーズを捉えてよく売れているようだ。

 似たような商品が多くややこしいので表を作ってみた。

小型SPの比較表

  サイズ(H×W×D) ユニット構成(cm) 能率(dB) 重さ(kg)
DALI ZENSOR1 274×162×228 13.5パルプ+2.5ソフトD 86.5 4.2
DALI SPEKTOR1 237×140×195 11.5パルプ+2.1ソフトD 83 2.6
DALI PICO 231×141×195 11.5パルプ+2.5ソフトD 84 3.1
DALI PICO VOKAL 141×231×195 11.5パルプ+2.5ソフトD 84 3.1
JBL Control1 228×155×139 10.0パルプ+1.3ハードD 89 2.4

Wharfedale
DIAMOND 220(参考)

315×174×255 13ケブラー+2.5ソフトD 86 5.3

CLASSIC PRO
CS104(参考)

214×144×146 11.2パルプ+2.5ソフトD 87 2.5

 PICOとPICO VOKALは設置の向きが横になっただけで中身は同じものらしい。DIAMOND 220はDALIとよく比較される商品の一つ。私的にはツイーター周辺の余計な凹凸とケブラーコーンが気になる。

 気になるのは能率。ZENSOR1でも高くないのに、さらに3dBも低いものが多い。これは小さいスピーカーで低音を出そうとするため。

 小型SPではCS104が異色の存在。SR用なのでパワーが入り、能率も結構いい。ゲームなどのサウンドをリアルに再生できるだろう。アンプを内蔵したCS104Pもある。

 

 

サブウーファ

 小型スピーカーは低音を補うことでHi-Fiサウンドを楽しめる。大きすぎず、小型スピーカにマッチするサブウーファーをご紹介する。

 

ヤマハNS-SW210YST-FSW150  

yst210 薄型省スペースで人気のある製品。どちらも16cmコーン形。

 グラフはSW210の特性。f0c=100Hz、ポート共鳴周波数40Hz。ポートの共鳴が良く効いていて下の方までダラ下がりに伸びている。

 箱内部に定在波の影響とみられる共鳴がありそのままだと音にやや濁りがある。これは吸音材を入れることで改善できる[1]

 

 YST-FSW150 はSW210を横置きにしたもの。本体の大きさはほぼ同じ。 

 

 SW210やFSW150は電源連動機能が無いため別途電源連動タップを用意して電源を連動させて使いたい。

 

 

DALI SUB E9F

 23cmコーン、Dクラスアンプ、電源連動スタンバイ機能付き。振動板が正面を向いて設置され、余計なスペースをとらないキューブ形。クロスオーバー(40~120Hz)が連続可変で設定可能。かなり力の入った仕様。

 上位のE12Fは30cmコーン搭載。大型SPと組み合わせて使える。

 

 サブウーファーを生かして使うには置き方が重要。詳細は関連記事2を参照されたい。

 

 


 

思い出の優秀機(参考)

 店頭で思わず足を止めて聴き入ってしまった小型スピーカーをご紹介する。

 

ONKYO GX-R3X (2004年)

 

出典:メーカーカタログ

 この機のために専用開発した8cmユニットを搭載。アンプ内蔵。ボーカルや楽器の音がとても自然に出る。小さくても手抜きのない設計。今もPCスピーカーのベストの一つ。

 

 

JBL J216PRO (1985年)

 16.5cmパルプコーン+2.5cmツイータ。能率87dB。

 非常にリアルな音の出るスピーカーとして記憶に残る。ヤフオクなどで中古が買えるが、さすがに古く良品は少ない。

 

<参考購入先>
DALIのスピーカー

<関連記事>
1.サブウーファーの音の遅れを測る2~インピーダンス特性から遅れを算出する
2.サブウーファーの置き方と音の遅れの改善方法~もうこれで遅い!とは言わせない
3.1/3Octバンド分析マクロ