安くて音の良いお勧めのイヤホン

 スマホ普及のおかげでステレオイヤホンの市場がにぎわっている。耳にラバーを押し込むカナル型が原理的に有利なことを以前ご紹介した[1]

 このタイプのイヤホンは f 特などの測定が一般に困難(ダミーヘッドが必要)なため、選ぶ際に参考になりそうなデータがない。

 イヤホンは当たり外れが大きく、試聴できないものを買う場合、まるでクジを引くようである。しかも、過去の経験からすると当たりよりハズレの方が圧倒的に多い。

 価格と音質との関連がなく、高ければ良い(ハズレを引かない)という保証もない。そんな中、珍しく満足いく商品が見つかったのでご紹介したい。

 

 

DSC001761 DSC001771

 

 写真がその機種。パナソニック RP-HJS150 市場価格は700円前後。ケーブルの長いRP-HJE150もあるが、検証したのはケーブルの短いS150の方。

 これはパソコン用として適当に選んだものだったが、音を出してみてビックリ。低域から高域までフラットにレンジが伸びていて、とても自然な音を出すものだった。

 この手の商品は低域が不自然に強調してあったり、高域に妙な癖があるものが多いが、これは欠点が見当たらない。おそらく、値段が10倍のイヤホンにも負けないだろう。

 私がこれを買ったのが2011年だが、幸いまだ入手できる。このクラスの廉価版はモデルチェンジのサイクルが短く、消えてしまう可能性がある。廃番になると代替機種を探すのが困難なので、数個まとめ買いした。写真はその中のひとつ(未使用のストック)。

 

<参考購入先>
RP-HJS150 隠れた名機。おすすめです

<関連記事>
1.ヘッドホンの選び方~密閉タイプでHi-Fi再生は望めない