高圧洗浄機の選び方

 最近は高圧洗浄機やスチームクリーナーが安くなり、今まで出来なかったクリーングの手段が手軽に試せるようになってきた。いろいろな商品が登場し、能力や値段も様々。スペックの表示もまちまちで、わかりにくい状況になっている。

 そこで、この洗浄機の選び方を整理してみた。 

 

高圧洗浄機の市場

 家庭用高圧洗浄機はケルヒャー(ドイツ)がスタンダードになっている。ケルヒャーのイメージカラーは黄色。そこで他のメーカーもケルヒャーに似せた黄色い商品を作るから、この市場は黄色い商品が非常に多い。

 ケルヒャーの性能は確かに優れるが、ブランド商品のためか割高に感じる。ヒダカ、アイリス、リョービから同等の性能のものがより安い価格で入手できるので、よく検討してほしい。

 

いくらくらいが妥当か

 高圧洗浄機は今までできなかった洗浄ができる「驚き」を体験できる。しかし一般家庭ではそう頻繁に使うものではない。洗車と、外回りの洗浄に使うものとすれば、1万円前後のものが妥当ではないだろうか。

 3万円を超える商品が必要な場合はレンタルも検討したい(2泊3日 4千円~)。

 

洗浄能力は何で決まるか

 パワー(吐出圧力)がポイントだが、自分がやりたい掃除にどのくらいパワーが要るのか、といった肝心なところが不明。「8MPa」とかいわれても消費者にはわからない。

 ヒダカでは圧力×水量を「洗浄効率」と称しているが、結局水栓の能力によるため参考程度としたい。圧力や水量が低いと洗浄に時間がかかることになるが、洗車や外回りに使うだけならさほど問題にならない。

 

 洗浄能力の指標として最もアテにできる数値が「消費電力」。高圧洗浄機は1万円前後で消費電力が高く、かつ常用吐出圧力(連続運転が可能な圧力)が高いものを選ぶことがポイントになる

 能力はホースの長さや水栓によって左右される。できるだけ太いホースを短く使い、水栓を全開とすることで最大能力を引き出せる。水栓に直結できないタンク式は便利だが、水栓の元圧が加算されないため能力の面で不利になることを覚えておいてほしい。

 ※:高圧洗浄機が汚れを落とす原理は水滴の衝突でなのでこの水滴の運動エネルギーが大きいほど洗浄力が高い。この運動エネルギー(洗浄力)と流量や圧力との関係は次のようになる。

 洗浄力∝流速2 , 流速∝流量 , 流量∝圧力0.5 → 洗浄力∝圧力

 関係式から、結局洗浄力は圧力に比例することがわかる。従い高圧洗浄機は基本的に圧力の高いもの(消費電力の大きもの)を選ぶのが正しい。但し、流速はノズルの断面積に反比例するので、取付けるノズルによって洗浄力が変わることに注意。

 

ユニバーサルモータとインダクションモーターの違い

 高圧洗浄機に使われるモーターには2種類ある。ブラシ式のユニバーサルモーターと、誘導式のインダクションモーター。50Hz/60Hz別々の商品が用意されている場合インダクションとみて間違いない。

 インダクションのデメリットは、大きく、重く、高価なことで、値段と重さは同じ能力のブラシ式と比べ1.5倍~2倍違う。パワーは消費電力が同じであれば同等と考えてよい。

 両者の寿命にはかなりの開きがあり、前者は数百時間(ケルヒャーでは200hrという噂)に対し、後者はこれより一ケタ以上長い。

 ブラシ式は寿命が短いといわれるが、200hrとしても毎週25分運転して10年に相当することから、ブラシ式で寿命が問題になることはない。高圧洗浄機は軽くて安価なブラシ式が一般家庭に向いている。

 寿命はモーター以外にもシール、ベアリング、プランジャーポンプなども関係してくる。高額な機種ではモーター以外にもそれなりに良い部品が使われていると推察でき、利用頻度が多い人はインダクションの上位機種を選ぶのが正しい。

 

実例

DSC01272a 写真は高圧洗浄機FBN-606(アイリス)  。ブラシ式で常用8.5MPa  1300W。軽量コンパクトで持ち運び容易。色はケルヒャーより彩度を落としたイエローのため安っぽさがない。

 我が家の外回りは水栓とコンセントに困らないので、水栓直結タイプを選択した。水栓が近くにない環境ではタンク式が便利。

 

 FBN-606の動作音は大きいが、不快な音ではない。使う本人は大きく聞こえるが、水が出ているときだけモーターが回る仕組みなうえ、本体が小さい(音響パワーが小さい)ので少し離れるとすぐ減衰する。作りに特に問題は見当たらずパワーも十分。

 

 付属品のフォームランス(洗剤用)はジョロジョロ出るだけで洗剤が飛ばない。圧力を落としすぎている。アイリス AB変換コネクター経由でケルヒャーのフォームノズルをつなげて使うとよい。

 

DSC01285a DSC01291a

洗剤洗浄するノズルをテストしている様子。写真左:アイリスAB変換コネクタ+ケルヒャーフォームノズル、写真右:アイリス付属フォームランス。ケルヒャーのノズルは勢い良く飛び遠くのフェンスまで届くが、アイリスはジョロジョロ落ちるだけでノズルを使う意味があまりない。

 ケルヒャーフォームノズルの希釈倍率を実測するとちょうど10倍。これを見込んで洗剤の濃度を調整すると良い。

 

DSC01300b

フォームノズルと高圧洗浄でクルマに指一本触れずに洗える。これまで避けられなかった手洗いや洗車機によるスリキズが付かない。

 

 

 

<参考購入先>
高圧洗浄機

<関連記事>
スチームクリーナーの選び方
洗剤の選び方と使い方 フォームノズルを使った洗浄にお勧めの洗剤があります
あなたの知らない洗車の常識~ワックスをかけると塗装が傷む