チキン南蛮うどんの作り方

完成したチキン南蛮うどん 簡単に作れて美味しいチキン南蛮。作ろうと思って調べても、なかなかよいレシピが見つからない。当館で試作を繰り返して完成したレシピをご紹介する。

 

 

材料(3~4人前)

うどん(冷凍がお勧め)
つゆのもと(2倍濃縮)
鶏もも肉 250g前後
白ねぎ 1本
砂糖
片栗粉

 つゆのもとは2倍濃縮が使いやすい。イチビキを使っているが、他のメーカーでも濃度は共通していると考えられる。

 

作り方

1.うどんをつくる

 生めんを茹でるのが一番おいしいが、コストと時間がかかりすぎる。ここは冷凍うどんを電子レンジで解凍するのが簡単。加熱にムラがあり全部同時に解凍できない。袋が膨らんだものから引きあげる。

 

2.うどんつゆを作る

冷凍うどん:つゆのもと200cc+水800cc+砂糖大さじ1

茹でうどん:つゆのもと200cc+水700cc+砂糖大さじ1

 上記の数量は4人前。冷凍うどんをレンジ解凍した場合と、お湯で茹でたものでは水分の量が違う。これを計算に入れると上記のようになる。

 

3.鶏肉とねぎの「あん」をつくる

(1)鶏肉と白ねぎを一口大に切る。鶏肉は3cm前後、白ねぎは4cm前後。肉の切断は料理ばさみが便利

(2)グリル中火で鶏肉を焼く。同時にフライパンに大さじ2の油を入れ、ねぎを焼く。

鶏肉をグリルで焼いているところ

 鶏肉は軽く塩を振って焦げ目が付くまで焼く。肉に火を通しすぎないよう注意。

(参考)肉の温度の上限は、中心部で70℃。これを超えないよう注意する。最初は調理用の温度計を使って管理するとよい[2]

 フライパンは事前に良く加熱しておく。ねぎはひっくり返しながら両面にに焦げ目をつける。

 

 

(3)焼きあがったねぎと肉を鍋で合わせ、水80cc+つゆのもと 80cc+砂糖(小さじ1.5)+片栗粉大さじ1 を追加して加熱する。

鶏肉とねぎで作った南蛮うどん用の「あん」 つゆのもとは、みりん+醤油(等量)に代替してもよい。

 片栗粉が溶けて透明になったら出来上がり。

 
 

 

4.盛りつける

完成したチキン南蛮うどん めんが外に出るくらい少な目につゆを入れて、3のあんを乗せる。

 

 

付け合わせのほうれん草 うどんと白ねぎだけでは野菜が足りない。

 つけあわせは冷凍ほうれん草がお勧め。解凍したものにカツオブシを乗せて醤油をかける。

 

 

このレシピのポイント

 ねぎの甘みと肉のうまみのコラボレーション。この組み合わせが素晴らしい味わいをもたらしている。グリルで焼いた鶏肉の香ばしい香りが格別。

 つゆの濃度(希釈倍率)に注意すること、盛り付けでつゆを入れすぎないこと。上記の通りにやれば、誰でも同じ品質のものができるはず。

 


 

参考.鍋で鶏肉とねぎの「あん」を作る方法

 少し工程が多いですが、参考にご紹介します。

(1)鶏肉と白ねぎを一口大に切る。鶏肉は3cm前後、白ねぎは4cm前後。肉の切断は料理ばさみが便利

(2)鍋に油をひいて、鶏肉とねぎを一緒に炒める。

鉄のフライパンで鶏肉とねぎを炒めている様子 フライパンは事前に良く加熱しておく。ねぎはひっくり返しながら両面にに焦げ目をつける。

 鶏肉は皮を下にして置き、いじらずに片面にしっかり焦げ目をつける。

 

(3)水80cc+つゆのもと 80cc+砂糖(小さじ1.5) を追加して煮る

鶏肉を裏返して調味料を入れたところ ねぎの両面に焦げ目が付いたら、調味料を追加。ここで鶏肉をひっくり返して反対の面に火を通す。

 つゆのもとは、みりん100+醤油100に代替してもよい。

 

 

(4)火を止めて一度冷ます。

(5)うどんができたタイミングで、水50ccに片栗粉大さじ1を溶いたものを入れて再加熱し、あんをつくる。

 

完成した鶏肉とねぎのあん 肉に火を通しすぎないよう注意。

(参考)肉の温度の上限は、中心部で70℃。これを超えないよう注意する。最初は調理用の温度計を使って管理するとよい[2]

 

 

 

<参考購入先>
調理用の温度計 IHで使うと誤動作するものがあります。
鶏肉

<関連記事>
1.IHで鉄のフライパンを使う
2.クッキング温度計の選び方

<改訂履歴>
2018/2/19 「あん」作りの工程をグリルを使う方法に差し替えました。