FX相場の本質はなにか5~人工知能の適用と未来予測

 人工知能とは、機械学習して作った演算器の一種です。近年、その演算器の一つ、深層構造をもつニューラルネットワークの学習ができるようになって話題になりました(ディープラーニングと呼ばれています)。

 機械学習とは、演算器の中にあるたくさんのパラメータを、大量のデータを使って強引に求めてしまうこと、といっていいでしょう。この計算をするためには、相応の演算能力が必要です。

 株式や為替相場への適用は古くから研究されていましたが、データが入手できなかったり、演算能力の高いPC(GPU)がなかったため、なかなか出来ませんでした。これが出来るようになったのは、つい最近のことです。

 

未来予測は可能か

 相場の先のことはわかりませんが、直近の未来、例えば一つ先の時間足なら何となく予測できそうです。この演算器のパラメータは、大量のデータを使って機械学習により求めることが、今できます。

 こうしてできたのが、iMRAIです。

 

 iMIRAIで得られるのは、それっぽい予測線と、±1σの信頼領域だけです。±1σの信頼領域は「68%の確率でこの中に入りますよ」ということを示す範囲です。

 iMIRAIを表示させると、この信頼領域の広さに驚くかもしれません。でもこれが、この世界の実態です。

iMIRAIの実行画面

 

 

長期トレンドほど予測しやすい

 相場の世界では、短期の上下動ほど予測しにくくなっています。それは時間が短くなるほど、ランダムに近づくためと考えられます。

 たまたま当たることもありますが、それはチンパンジーのダーツ投げ[1]と大差ありません。回数を増やせば勝率は限りなく5分に近づき、取引コストの分だけ負ける結果になることが想像つきます。

 しかし長期トレンドはある程度信頼できる場合があります。iMIRAIを利用する場合は、長期的なトレンドをみることが、一つのポイントになりそうます。 

 

バイナリーオプションへの適用

 この取引では、一定時間後、上がるのか下がるかを予測しますので、トレンドの未来予測は、この取引において役立つはずです。

 長期的な予測をもとに、トレンドに逆らわないようにすることが、勝率をあげるためのコツといえます。

 

人工知能の限界

 ランダムな市場の未来予測は、いくら人工知能といえど無理です。

 iMIRAIの有効予測表[2]を公開しています。〇のないところは、機械学習で有効な答えが見つからなかったことを意味しています。市場参加者の多いUSDJPYやGBPのペアには〇が少ないですが、これは相場がランダムに近いことの裏返しと考えています。

 それと、短い時間足は十分長期のデータがありませんので、あまり信用できないかもしれません。

 

 結局iMIRAIも、「少し未来のことを知るために何か参考になるものがないか」そんな場合に少しだけ役立つツールです。

 

 

<関連商品>
iMIRAI
GoldenTreeシリーズ
1.超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条

<関連記事>
2.有効予測表
FX相場の本質はなにか