カルボナーラのつくり方~家庭でプロの味を実現する

完成したカルボナーラ シンプルだが難しいカルボナーラ。誰が作っても安定した品質のものが作れることを目指し、改良を重ねてきた成果をご紹介します。

 

 

材料(3~4人分)

パスタ(5分でゆであがるもの)300~400g
粉チーズ 30g
卵 6個
オリーブオイル 60cc
ベーコン(塊肉または角切り) 100g
塩 4g~5g (正確に計量する)
黒コショウ(粗びき)

 

準備

 ベーコンを4mm角程度の角切りにする。

卵と粉チーズ 卵を冷蔵庫から出した場合は常温に戻しておく。冬は調理前に60℃以下のお湯をボウルに注いで漬けておくとよい。

 

 

作り方

1.パスタをゆでるためにパスタ鍋でお湯を沸かす。

 

卵の黄身を分離している様子2.お湯が沸く間、大きめのボウルにセパレーターで黄身だけ分離して入れ、粉チーズと合わせる(この時点ではかき混ぜないこと!)。

 1つくらいは白身を入れてもかまわない。

 

 

黄身と粉チーズを混ぜる前の様子 この状態で待つ。混ぜたり黄身を潰さないよう注意。

 

 

3.お湯が沸いたらパスタを茹でる。茹で時間は所定時間マイナス1分とする

 

ベーコンをオリーブオイルで炒めている様子4.ベーコンを少量のオリーブオイルと中火で炒め、焦げ目が付いてきたら残りのオリーブオイルを入れて弱火で加熱する。

 オリーブオイルの匂いが立ってきたらそこで火を止める。ここは茹で上がりと同時のタイミングが望ましい。

 

 

5.パスタが茹で上がる時間が近づいたら、ゆで汁を利用してお皿を暖め、ボウルの中と卵と粉チーズをかき混ぜる。

 

フライパンに麺をあけてオリーブオイルと合わせている様子6.ここから時間の勝負。パスタが茹で上がったら湯切してベーコンを炒めたプライパンにパスタをあけ、オリーブオイルと手早く絡める。

(Option) ゆで汁と一緒にコンソメと、隠し味にこんぶ茶を入れると味に深みが増す。

 

麺をボウルに移している様子7.卵と粉チーズの入ったボウルの中にパスタを移す。すぐ続けてゆで汁70ccと、塩4gを投入して手早くかき混ぜる。

 長くいじっていると冷めてしまうので注意!

 

 

8.温めて置いたお皿に盛りつけ、粗びき黒コショウを振って完成。6からここまで1分以内に終わらせたい。

 

 複雑なので工程表を作ってみた。

カルボナーラの製作工程

 

 

このレシピのポイント

 単純だが難しい料理。黄身に火を通さず、かつ温度が冷えないよう仕上げなければならない。以下はそのために必要なポイント。

(1)黄身に火を通さないで仕上げるために、パスタと卵をボウルの中で混ぜる。

(2)卵や調理器具、使うお皿などを事前に温めておく。

(3)黄身と粉チーズは使う直前に混ぜる(黄身を潰すと固まりはじめるため)。

(4)茹で上がった麺を、最初にオリーブオイルと混ぜる(麺が冷え過程で水分を吸わせないようにするため)。

(5)塩分は最後に加える食塩の量で決まるので正確に計量すること。

 

完成したカルボナーラ 麺にねっとりした卵ソースが絡む絶品カルボナーラ。子供たちにも大人気。

 これだけだと野菜がない。付け合わせは野菜のサラダ[1]か野菜のコンソメスープ[2]がお勧め。

 

 

<参考購入先>
カルボナーラ
粉チーズ
黄身の分離器
パスタ鍋は中子がメッシュになったジオの商品が使いやすい

<関連記事>
ローコストで本格の味~ミートスパゲティのつくり方
1.レタスのサラダと手作りドレッシング
2.コンソメブロックで作る~本格野菜スープの作り方