アクアリウム」カテゴリーアーカイブ

洗車スポンジ濾材10~水中ではほとんど劣化しなかった

 洗車スポンジ濾材が世の中に普及するにつれ、寿命を気にする声もちらほら聞かれるようになった。実際、ウレタン系のスポンジは屋外に放置しておくと、1年くらいでボロボロになってしまう。この様子から「スポンジ濾材は寿命が短い」と考える人もいる。

続きを読む

濾材の濾過能力を計算で求める

 濾材の濾過能力は「形状」で決まる。しかし、その形状の何が濾過に寄与するのかが不明だった。水槽をいくつも用意して比較実験すればわかるが実行困難だ。

 ところが、1999/7/30 の下水道展(東京ビックサイト)で濾材を作る専門メーカーの話を聞いて、濾材の性能が見た目の形状から計算で求めることが可能なことがわかってきた。その話とは、次のようなものだった[1]続きを読む

洗車スポンジ濾材8~3年後の様子

rozai51999年の中旬にセットアップした洗車スポンジ濾材は、今年の7月で3年を迎える。スポンジの様子には別段異常はなく、濾材として十分機能する状態にある。

 表面には相変わらず茶褐色のバクテリアがべっとり付いているが、繁殖しすぎてベタベタになっている様子もない。それは濾過膜が適度に剥がれて入れ替わっているからだろう。

 

 これまで実施してきたメンテナンスといえば、数ヶ月に一度、点検のためにコンテナを取り出しているだけ。コンテナを引き上げると自動的に逆洗されるので、これで古い濾過膜のカスはだいたい取れてしまう。

続き>>洗車スポンジ濾材9

 

<参考購入先>
濾材一覧 能力と価格は関係ありません
スポンジ系濾材

<関連記事>
洗車スポンジ濾材

 

水草水槽の作り方

 これまでの経験をもとに、水草水槽を立ち上げる際に役立つノウハウをまとめてみました。
 水草水槽をいったん始めたら、それなりに時間、手間、お金がかかりす。完成まで半年くらいかかると考えてください。
 以下の手順は、結果を保証するものではありません。書いてある通りに実施していっても、うまくいかない場合がありますので、ご承知置きください。 続きを読む

2 / 8123...5...end