趣味」カテゴリーアーカイブ

試乗記~スバル レガシィ 2.0GT spec.B 5AT(TA-BP5)

試乗日:2006/4/1

ボディ・内装

 レガシィらしい個性ある外観は健在。しかし内装のインパネやダッシュボード、メータ周りのデザインは相変わらずで、同クラスのクルマに比べ見劣りする。

 シートのホールドはいい方だが、ツヤのあるナイロン生地の為安っぽさを感じる。

 各種操作系のタッチはクラス相応、空調の音も相応といえる。ドアの閉まり音はスバルの車種に共通してなかなかよい。 続きを読む

ヘッドホン イヤホンの選び方~密閉タイプでHi-Fi再生は望めない

 近年、持ち歩き出来る音楽再生機器が広く普及し、ヘッドホンやイヤホンの愛好者が増えている。ヘッドホンとイヤホンそれぞれに、密閉、オープンエアがある。この中には、原理的に優れた方式と、買ってはいけない方式があるのだが、そういったことを説明した記事がほとんどない。

 原理を知らずに間違った方式を買ってしまった人は、何らかの音の不満を持つかもしれない。原理を知らないで高価な商品に手を出すのは危険だ。

 そこで今回は、ヘッドホンの原理を説明し、そのうえで音の良いヘッドフォンを選ぶコツをご紹介したい。

続きを読む

保険会社の手抜き修理を回避する方法

 保険によるクルマの修理は「元通り」が原則。ところが板金の場合、どこまでやれば元通りなのかが曖昧だ。保険を使ってオマカセの修理をすると、手抜きできる所はできる限り手を抜いて、最低限のことしかしない。素人が見てわかるような、修理の痕跡を残すのが通常だ。

 粗悪な塗料を使われことがある。特に、ソリッド系のカラーは手抜きがされやすい。数年後問題が出てきて、売るときに大きな「評価損」を被る。保険を使って板金に出すときは次の点について、自分で直接、修理する業者と打ち合わせすることが重要だ。

続きを読む

自動車保険の選び方~契約者が泣きを見る自動車保険の実態

 自動車に乗っていれば、誰でも一度くらい保険のお世話になるだろう。今では外資系の保険会社と契約する選択肢もあるが、外資系と日系には大きな違いがある。

 外資系を相手にしてみて、日系の大手損保には共通する問題があるように感じた。それは「契約者の為には働かない」ことだ。

 今回は、私がこれまでに味わった苦い経験と、その経験をもとに導き出した自動車保険を選ぶ際のポイントをご紹介したい。

続きを読む

試乗記~トヨタ ヴィッツ(DBA-KSP40 1L CVT) ~あのフラットな乗り味はどこに行ってしまったのか

試乗日:2006/1/29

ボディ・内装

 外観は先代のイメージを踏襲しオラウータン風、内装は安い素材を上手に利用し前衛的な印象にまとめられている。黒とシルバーを基調にしたそのデザインは一見スパルタンで冒険的だ。

 シートはヨーロッパで売られることを意識しているのか先代同様とても良いものが付いている。

続きを読む

あなたの知らない大排気量車の意外なストレス

 大排気量のクルマに期待される特徴に「豊かなトルク」「加速感」「走りの余裕」がある。ところが近年のクルマは、軽を除くと排気量が何Lであっても、普通にアクセルを踏んだ場合のパワーフィール(加速感)にあまり差がない。

 大排気量車をてフンパツして買ってみたものの、いざ走り出すと「アレ?」と感じる。アクセルを踏み込めば、それなりに速度が増すが、期待していた「豊かなトルク」「加速感」「走りの余裕」が感じられない。

 なぜこんな結果になってしまうのか。今回はこのあたりの事情と、大排気量車に固有の性質をご紹介したい。

続きを読む

25 / 44top...5101520...242526...303540...end