プログラミング」カテゴリーアーカイブ

VCCW3でWordPress開発環境を作る~ハマり所と対策のまとめ

 WordPressはブログ作成に広く使われているが、テーマをカスタマイズして使っているケースがほとんどだと思う。テーマのカスタマイズには開発環境が欠かせない。

 開発環境はVCCW3を利用するケースが多いようだ。しかし手順が複雑で、ハマりどころも多い。そこで、VCCW3を使った環境構築のハマりどころと、その対策についてご紹介する。

続きを読む

パーテーション単位のバックアップソフトは使いものになるか

 DOS/Vパソコンの黎明期はマザーに必要なドライバの導入で試行錯誤が必要だった。そのため苦労して構築した環境をパーテーション単位でバックアップしたいことがあった。OSのインストールからドライバ導入まで何も考えずスムースに出来る現代では、バックアップを取ってレストアするよりゼロからインストールした方が早く復旧できることが多い。市販のパソコンを買ってもリカバリ領域が付いてくることが多く、この手のツールを利用する機会はほとんどなくなった。

続きを読む

Windows10のデメリットとマイクロソフトの没落

「だいぶマシになった」 私は、自宅のWin8マシンを10にアップデートしてそう思った。モトが8の場合は10にあげることでストレスが少し緩和される(但し、ファミリーセーフティは機能ダウンしてしまう。細かい時間設定ができなくなるので、これが必要な人はバージョンアップしない方が良い)「Windows7をあえて10に上げる必要はない」そうも思った。

続きを読む

Delphiの将来~XE2にみる商品戦略の問題点

私がもっているDelphiの最終バージョンはDelphi8(実質的には8にオマケで付いていたDelphi7)である。Vista,Win7上では動かないため、これらのOSをインストールする際はDelphiのためだけにXPをインストールしてマルチブート環境を作らないといけない状況にある(いろいろ検討したが結局これに落ち着いた)。 続きを読む

Delphi2007の失敗

昨日、私の手元にDelphi2007のアップデート案内が届いた。Vistaに対応し、Win32専用ツールとして復活したあたりは、ようやくまっとうな形に戻った感がある。しかし、即座にゴミ箱行きとなった。この金額と内容は、まだ何か勘違いしているとしか思えないのである。 続きを読む

TSonEditXの普及と悩み

Delphiの脱却をきっかけに作ったActiveX版のエディタコンポーネント「SoneditX」がにわかに関心を集めている。ことの発端は、「Access2003でリッチテキストボックスコントロールを使用できなくなった」ことにあるらしい。 VB,Cの世界では日本語がキッチリ扱えるフリーのエディタが少なく、あれこれ検討していくと結局TSonEditXにたどり着く状況のようだ。 続きを読む

1 / 212