暮らしの知恵」カテゴリーアーカイブ

2S(整理整頓)を視覚マジックで解決する

 野口悠紀雄氏の「超」整理法が出版されたのが1993年。私はここに書かれた「押し出しファイリング」を20年以上実践している。
 書類を角2封筒に放り込んで棚に並べ、使ったら一番左に戻すだけ。分類しないのに使えば使うほど整理されていくこのシステムは、万能ではないが確かに機能する(よく使う書類は左に、使わない書類は右に集まる)。

 私が作ったInfoStudioというソフトは、これをパソコン上のファイルの整理に応用したものだった。

続きを読む

ボリウムのガリ復活とiPhoneのイヤホン端子を無劣化にする方法

 蓄熱暖房機(オルスバーグ)が4年過ぎたあたりから調子が悪くなってきた。この機器は2つのボリウムで蓄熱量と温度設定を変えられる仕組みだが、その設定値がチラチラ変化して安定しない。症状からするとボリウムの接点不良が原因らしい。

続きを読む

剪定した庭木の切口を早く治す

枝の正しいカット位置 枝を不適切な位置でカットすると見苦しい結果になったり腐朽してしまうことがある。写真はシマトネリコだが正しい切断ラインは緑のラインあたりになる。理由などの詳細はジャイゴのCODIT理論[1][2]を参照されたい。

 このような注意がいるのは太枝を切るなどして大きな切り口を作った場合になる。

 木は枝を切られると木はカルス(癒合組織)を発達させて傷口を塞ぐが、大きい切り口を作ると癒合に時間がかかり菌や害虫など外敵に侵されるリスクが増す。

 

 このリスクを軽減し癒合を促進するための薬剤(癒合剤)が市販されている。癒合剤は桜や果樹で使われており、盆栽や趣味の園芸でも必要なアイテムになっている。

続きを読む

ナメクジを根絶する

 ナメクジの誘引殺虫剤が売られているが、ばら撒きやスプレーは雨で流失し、ビールも腐敗や後始末が問題となって続けることが難しい。ナメクジ退治は長期持続して行わないと根絶が難しく、効果の長期維持が課題のようだ。そこで次のようなものを考案した。

続きを読む

異次元の切れ味~究極の剪定ノコ

庭に植えたトキワマンサク 写真はトキワマンサク。南側の目隠しに14本ある。6年前50cm程度だった苗木は3mを超えもう無茶苦茶。

  苗木のころは病害虫に気を使い、アレコレ手をかけて大事に育てたが、いまや切っても切っても盛大に伸び剪定にホネが折れる状態。

 

 これとは別に玄関先に植えたシマトネリコは高さ5m以上。どちらにしても枝の太さがセンチ単位のものはノコで切るしかない。これまで100均のノコを使って剪定作業をしてきたが、たわんだり引っかかったりでなかなか切れない。いつも重労働でクタクタになっていた。

  続きを読む

切れなくなったハサミを復活させる

 包丁もハサミも使っているうちに切れ味が悪くなる。包丁を砥ぐ人は多いが、ハサミは使い捨ての消耗品になっている。切れ味の悪い状態で使い続けるのはストレスではないだろうか。ハサミは砥ぎ方さえ知れば誰でも簡単に復活させることができる。 続きを読む

中華調味料対決!~ウェイパーは最高なのか

 ネットで評判のよい味覇(ウェイパー)。最近スーパーでも見かけるようになった。半固形の乳化調味料で油にも水にも溶ける。今回これと従来の調味料を合わせて味比べをしてみた。

 検証する料理は単なるモヤシ炒め。モヤシはこのような比較にうってつけ。味付けは調味料のみ。塩コショウなど加えず純粋に調味料だけで味付けし結果を比較する。 続きを読む

屋外でプラスチックを100年もたせる~究極の保護コート

 常温亜鉛めっき塗装がプラスチックの保護に有用なことを以前書いた。亜鉛は金属なので劣化の原因となる紫外線を通さない。錆びて酸化亜鉛になってもUVスキンローションに使われているように紫外線を散乱してくれる。

 亜鉛めっき塗料はローバルが老舗。最近ではホームセンターでも入手できる。ローバルで塗装した躯体の耐用年数は同社サイトによると75~90年[1]。これはあらゆる有機系塗料を上回る。

続きを読む

乾燥肌を克服する~あなたのスキンケアは間違っていた!

 肌は皮脂(油分)と汗(水分)が混ざった「天然クリーム」によって潤いを保つといわれる。皮膚の表面にいる菌も皮脂を分解して肌を弱酸性に保つ重要な役割を担っている[1]。何らかの原因でこの機能のバランスが崩れるといろんな問題が起こるという。「乾燥肌」がその一つだ。 続きを読む