レビュー・購入ガイド」カテゴリーアーカイブ

Webデザインに適したモニターの選び方

 SEOに注力しWebサイトに来てもらっても、ポチってもらわなければ収益は生まれない。そこに説明文の見やすさや、商品写真の出来が影響することが想像つく。

 これまで色再現は印刷の世界がメインだったが、最近は液晶パネルの品質が向上し、商品写真の色合いをわりと正確に消費者に伝えることが可能になってきた。商品の魅力を正確に消費者に伝えることで、販売成約やクリック率の向上が期待できる。Webサイトのカラーも、今より見やすくできれば滞在時間を長くできるかもしれない。

 写真の色やWebサイトのカラーについて最適化するためには、色やコントラストを正確にチェックできる環境が必要だ。そこでWebデザインに適したモニターを検討してみた。

続きを読む

静かなタイヤの選び方~レグノを超える究極の静音タイヤはこれだ!

 そろそろ5年になるフィットのタイヤを交換した。私が選んだタイヤはREGNO GR-XI 175/65R15。REGNOは多くの先端技術を結集して作られたこの世で最も静かなタイヤの一つだ。最近は軽自動車までカバーするラインナップを展開している。

 

続きを読む

よく切れ、くっつかない包丁の選び方

 どこの家庭にも1本はある包丁。ホームセンターやスーパーで適当なものを買って済ましている人が多いのではないだろうか。包丁は奥様が握るもの。モノにこだわる旦那でも関心の低いアイテムかもしれない。

 ところで、包丁を握るとよくストレスを感じることが2つある。それは、切った食品が側面にくっつくこと、研いでもすぐ切れ味が悪くなることだ。

続きを読む

スリッパ・ルームシューズの選び方

 みなさんは家にいるとき、足の小指を柱の角などに引っ掛けて痛い思いをしたことはないだろうか。去年私はこれをやって、小指が紫色に腫れ上った。

 病院でレントゲンを撮ってもらったところ骨は折れてなかった。医師から「家にいるときはスリッパを履いて、ちゃんと通路の真ん中を歩くように」と指導された。コーナーを最短で曲がろうとする、せっかちな性格が災いしたようだ。

続きを読む

ポイントが貯まるカードの選び方~Yahoo Japanと楽天カードは本当におトクか

 以前は「ポイントが溜まります」といっても還元率の低さと使い道のなさから「ふーん」で終わることがほとんどだったが、最近は状況が変わってきた。

 そこで今回は、人気のある楽天カードとYahoo Japanカードの(以下YJカード)を比較し、効果的な運用方法を検討してみた。どちらも高い還元率をもち、他のカードと併用することでポイントの二重取りができる。しかし、思わぬ落とし穴があるので注意したい。

続きを読む

IHで早く沸騰する鍋の選び方~効率の良い鍋はこれだ!

 IHを使って鍋で大量のお湯を沸かすとき、なかなか沸騰しなくて調理が進まないことがある。特に、うどんやそばを茹でるときがそうだ。

 説明書きを見ると、生麺も乾麺もだいたい「100gあたり1リットルの水を使いなさい」と書いてある。正直にそれを守ると沸騰に時間がかかりすぎるので、ずっと少ない水で茹でている人が多いと思う。

 効率の良い鍋を使うと、IHで問題になりがちな沸騰時間を大幅に短縮できる。味噌汁を作るにしても、驚くほど短時間で調理できる。今回は「効率」に注目して鍋を選ぶポイントをまとめてみた。

続きを読む

スーツケースの選び方~防水スプレーを超える撥水加工をする

 最近のビジネスシーンではパソコンが必須になっている。ノートパソコンの重さは1キロを超えるものが多く、2キロ近い商品もある。そんなパソコンを手鞄やショルダーバッグに入れて持ち歩くのは結構しんどい。重いものを長時間手に持つと健康に悪い。姿勢が崩れ腰や肩を痛める可能性から、営業マンにリュックを持つよう勧める事業者もあるようだ。

続きを読む

ガンガン使える~丈夫な鞄、財布の選び方

 日常的に持ち歩く鞄や財布は最もハードな使われ方をするアイテムになる。市場には多くの商品があり、値段もピンキリ。これらの主な違いは見た目であり耐久性に大きな差ない。

 皮革の高級商品がいちばん綺麗に見えるのは買った直後。「使い込むほどに味わいが増す」と称するが次第に皮脂や汗で汚れていき、破れるかカビるかして破棄、というパターンで消費されていく。
 毎日のハードな使用に耐える丈夫なアイテムは無いのだろうか。私がリサーチして見つけた、数少ない商品を紹介したい。

 

続きを読む

オールドレンズをメンテナンスする~レンズ分解用工具の選び方

  対象はトキナーAT-X350 F2.8 と、タムロンSP90 F2.5マクロの2機種。いずれも30年前の製品。どちらもドライボックスに保管していたが、AT-X350は内部に汚れが、SP90には僅かな曇りが見えることに気づいた。そこで分解清掃を試みる。

続きを読む

レンズ清掃用品の選び方

 レンズ交換式のデジカメが普及してから、自分でローパスフィルタを清掃したり、オールドレンズのレストアにチャレンジする人が増えてきた。ローパスフィルタはカメラの中で最もデリケートな部品。慎重な人は現物を拭く前に適当なもので練習していると思う。

 ペーパーで鯉の口を作り、クリーニング液を付けて円を描く・・実際やってみると、コーティングされた光学面を綺麗にするのは難しいことがわかる。水滴の跡が残ったり、逆に汚れが増えてしまうことも。なぜ上手くいかないのだろう。あまり知られていないノウハウがあるのではないか。今回はこれについて明らかにする。

続きを読む