レビュー・購入ガイド」カテゴリーアーカイブ

pH計/pHメーターの選び方~長持ちさせる秘訣を紹介

 久々にpHメーターを取り出してみたら白い粉を吹いてダメになっていた・・そんな経験はないだろうか。pHメーターはアマチュアにとって維持管理が難しい計測器の一つだ。今回は、そんなpHメーターを長期間維持するコツと、長持ちするpHメーターの選び方をご紹介する。

続きを読む

スチームクリーナーの選び方

 スチームクリーナーは100℃前後の水蒸気を汚れ落としに使う機器。今までにない汚れ落ちが期待できるような宣伝から、この種の機器に過剰な期待を抱いてしまう人もいるようだ。また、多くの商品があるが、汚れ落ちがどう違うのか、わかりにくくなっている。そこで今回は、スチームクリーナーに適した用途と、選び方をご紹介したい。

続きを読む

高圧洗浄機の選び方

 最近は高圧洗浄機やスチームクリーナーが安くなり、今まで出来なかったクリーングの手段が手軽に試せるようになってきた。いろいろな商品が登場し、能力や値段も様々。スペックの表示もまちまちで、わかりにくい状況になっている。

 そこで、この洗浄機の選び方を整理してみた。 

続きを読む

足元保温ヒーターの選び方

 冬場、椅子に座ってOA作業や勉強をするとき、足元にヒーターがあると快適だ。部屋全体を暖房するより、頭寒足熱したほうが快適だ。近年、今までに無い新しい商品も出ている。

 今回は、長年デスク作業に使えるヒーターを探し求めた経験をもとに、お勧めの品をご紹介する。

続きを読む

炊飯器の選び方~調理家電はIoTで進化する

ナショナルとタイガーの炊飯器 写真は奥からナショナルSR-DG10F(2005年)、タイガーJKC-W100(2008年)。 タイガーの内釜はW銅入り5層。どちらも機能的なは支障はなく、内臓リチウム電池もまだ生きている。

 ナショナルは10年前の機種だが、現行機と味に差はない。以前の調査で分かった、最も重要な「水加減」について調べたところ、どちらの内釜も1合目盛の水量はまったく同じ。米:水=1:1.2 (容積比)だった。

 

続きを読む

ほとんどのノウハウ書は役に立たない~7つの習慣と出口汪さんのシリーズについて

 最近書店の入口付近に「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー氏)と、出口汪さんの「~技術」シリーズが山積みされている。気になって手に取った人も多いと思う。この手のノウハウ書はずいぶん読んだが、ほとんど記憶に残ってない。内容は忘却の彼方にあり、読み返す気も起らない。

 そんなノウハウ書で実際に役立ち今も活用しているものが1つだけある。「超」整理法(1993 野口悠紀雄著)だ。これは書類の整理法として確かに機能し、私はこれをパソコン上で実現するために「超」仕事人(現行InfoStudio)というソフトを作った(1996)。

続きを読む

なぜ4代目プリウスの実燃費はアクアに劣るのか

 このクルマを検討する人にとって、燃費は大きな関心事に違いない。4代目プリウスのEグレードはJC08モード燃費40キロという。ハイブリッドの公称値と実燃費は、ビックマックの写真と現物と同じくらいの隔たりがある。世間では「40キロ」という数字だけ取り上げてアクアを超えると騒がれているが、実燃費でアクアを超える可能性が本当にあるのだろうか。
 以前、クルマの実燃費は車重の比率から正確に予測できると書いた。今回は同じ式を使って、現行アクアに乗っている人が4代目プリウスに乗り換えた場合の実燃費を予測してみよう。 続きを読む

知られざるデルガードの秘密~折れないシャープペンの選び方

 かつて、シャープペンシルは高級文具だった。30年前は、ほとんどすべての部品が金属で出来ていた。行きつけの文房具店では、シャープペンシルを買うとネームを彫り込んでくれた。

 強すぎる筆圧で芯の先が折れた場合はノックすればよかった。しかし床に落とすなどの衝撃により、ペンの中で芯が折れた場合はノックしても出てこない。これを復旧させるには、消しゴムに付いていた針金を使い、分解掃除する必要があった。

続きを読む