日用品」タグアーカイブ

ロクな体重計がないではないか

長年使ってきたタニタのデジタル体重計が使えなくなった。といっても表面に貼ってあるシートがビロビロになって使用に耐えなくなったのだが、良質な粘着材が使われていないようだ。このことからすると何らかのシートを貼り付けてあるタイプは避けたほうがよさそうだ。 続きを読む

壊れにくい洗濯用品の選び方

 ピンチを使おうとしたら「バキッ」と割れてしまった・・
 破片が当たって痛い思いをした・・

 そんな経験はないだろうか。ハンガー、ピンチ、布団ばさみなどの屋外で使う洗濯用品のほとんどが1年くらいで破損して使えなくなる。

 これらの多くははPP(ポリプロピレン)もしくはPE(ポリエチレン)でできている。PPやPEは紫外線に弱く、元々屋外使用に適さない。

 このような長持ちしない材質が屋外で使われる理由には、「安い」ことがあるが、「必ず壊れて買替え需要を喚起できる」こともがありそうだ。

 そこで、屋外で長持ちする物干しグッズを探してみた。

続きを読む

経験したことの無い快適さ!~サラリーマンが日傘で炎天下を歩く

 太陽の直射エネルギーは1kW/m2。地上では路面からの照り返しもあり、夏場のアスファルト路面はまるで電気ストーブに囲まれているかのようだ。空からの直射を軽減する手段としてこれまで「帽子」が使われてきたが、近年役不足になくなってきた。それに帽子はスーツ姿に合わない。帽子に次ぐアイテムに「日傘」がある。

※スーツ用の帽子をかぶると「サラリーマン」ではなく「紳士」に見えてしまう。

続きを読む

コンタクトレンズに安心な排水目皿

コンタクトレンズの常用者にとって洗面台の排水穴は鬼門だ。私はここで何度もレンズを失いかけたし、失ってしまった経験もある。
 そこで排水穴にフィルタを付ける事を考えるわけだが、ホームセンターなどで入手できるものは、次の問題があって満足いくものがない。 続きを読む

壊れにくい傘の選び方

 傘を買い替えるハメになってしまう原因の中に、強風による親骨の曲がりがある。金属の薄板をU字形に曲げて作られた骨は、一度曲がると元に戻らない。曲がった骨を直すための補修部品が市販されているが、最近はこれを使って直す人はほとんどいない。曲がったら破棄。傘は使い捨ての消耗品になったといえる。 続きを読む

5 / 6top...456