研究」タグアーカイブ

FX相場の本質はなにか1~どうしてこうも負けるのか

fxnote2私がFXを始めたのは2008年。当時FXは黎明期で今のように情報が溢れていませんでした。FXで4億円稼いだ主婦が話題になったのもこの頃です。電話を使わなくてもパソコンから注文を出せる手軽さもあって、多くの人がFXを始めました。写真はそのときから使ってきたノートです。5年間、自らの経験を元に様々なアイデアを考え、検証を繰り返してきました。似たようなことをやっている人も多いと思います。ところが最近、こういった努力が無駄だということがわかってきました。

 

続きを読む

防鳥対策

我が家にはカーポートがあるが、内側のわずかな隙間に鳥がとまってクルマが糞で汚れるので防鳥対策することにした。駅のホームなどで金属製のトゲをみかけるが、安全のためか、個人向けに小売しているところは無いようだ。市販のトゲシートは寿命の短い樹脂製で、60cmあたり千円以上するため沢山使うのに抵抗がある。フェンスの忍び返し同様、こういうものは自作するに限る。 続きを読む

庭木の灌水システム

去年の夏は日照りが続いた時期があり庭木の水やりに苦労した。そこで今年は写真のような灌水システムを構築した。広いエリアを灌水するためには細いチューブ状のものが便利である。穴あきチューブなどが市販されているが私が選んだのはウオーターチューブと呼ばれる多孔質のゴム製ホースである。水がホースからジワジワ滲み出すもので、散水というより染み出した水を地面に染みこませるタイプである。 続きを読む

タマミジンコの増やし方~自宅でできる連続培養法

 ミジンコは最高の生餌の一つに間違いない。30年前、私はミジンコを自分で増やそうと、何度か取組んだが成功しなかった。

 ミジンコの培養をやってみると結構難しい。たまたま増えてもそれは一瞬のこと。喜ぶのもつかの間。次第に数が減って全滅してしまう。ネット上の情報を参考にやってみても、同じことになる場合が多いと思う。

 単に増やす方法と、安定した量を継続して収穫する方法は別物。ネット上にある多くの情報は前者が多く、後者はほとんど知られていない。

 今回はそんなミジンコの培養にトライし、自宅で連続培養できる方法を確立する。

続きを読む

洗車スポンジ濾材12~洗車スポンジ濾材のライバル

 当サイトで洗車スポンジ濾材を紹介してから13年になる。アクア用濾材の定番としてすっかり定着した感がある。近年、類似商品が登場してきたので、従来あるものを含め定性的な比較をしてみた。洗車スポンジを角切りしたものと同じ商品は見当たらない。

続きを読む

透明な皮膜で錆止めをする~新発見!透明錆止め塗料 コーティング剤

 防錆塗料のほとんどは不透明なので、塗ると下地が隠れてしまう。クロームメッキやアルミの光沢は綺麗だが、放っておくと次第に錆びてしまう。これをなんとか、綺麗なまま維持できないか。「透明な」錆止め塗料があれば、それが実現できる。

 そんな塗料を探し求め、いくつかの候補を集めて検証実験をしてみた。そこで意外なものを見つけたのでご紹介する。

続きを読む

グリーンウォータと対策

太陽の光が直接、間接的に当たる場所に設置した水槽の多くはグリーンウォータになる。これは植物プランクトンの増殖が原因だ。水槽内の魚にとっては有益で硝酸塩の固定にも寄与するが、水槽の中が見えなくなるため鑑賞目的には有害である。 続きを読む

「田砂」に塩酸処理は必要か

tazuna2田砂はドジョウ、コリドラスや貝類の飼育によく使われている。その魅力は自然な風合いにある。当館では熱帯魚から電気代がかからない常温淡水に飼育のスポットが移行しており、今回はマシジミを飼育するため田砂を導入してみた。 続きを読む

5 / 11top...456...10...end