アクアリウムの失敗と対策

 アクアリウムは一般に思われているほど簡単ではない。買ってきた魚はことごとく死んでいく。添加剤を買ったり、底砂を替えたり、試行錯誤は延々と続く。本人は努力しているつもりだが状況は一向に改善されず、出費はどんどん増えていく。

 

 改善に努めようとする人は本を買ったり、ショップに意見を聞いたりするだろう。しかし、本の通りやっても、人の言う通りにやっても、改善することはほとんどない。

 いったい、どうしてうまくいかないのか?

 その答えは、「バクテリアの働きに関する認識が足りない」ことにあると思う。

 

 バクテリアは魚の排泄物などによって生じる有害物を無害な物質へ変える微生物で、魚の飼育=バクテリアの飼育と考えてよいくらい重要なものだ。これを考慮せずして、水槽という閉じた環境の中で良好な結果を得ることはまず無い。アクアリウムでは、

バクテリアを増やし、それを維持すること

が最も重要である。

 しかし、バクテリアを増やし維持するためには、ある程度の知識が必要だ。それは微生物培養とは無縁の一般消費者にとって難しいかもしれない。しかし重要なポイントを押さえておけば、少なくとも魚を死なせずに済むだろう。

 

 それからもう一つ、重要なことがある。それは、

 適切な給餌

 だ。特にその「量」。これを多くの人が勘違いしている。給餌は水槽負荷に直結する。水槽システムが完璧でも、無神経に餌を放り込んでいては改善しない。

 世の中、いろんな失敗があるが、原因を分析してみると、大抵この2つに起因しているようだ。過密水槽はそれ以前の問題なので、もしそのような状態であれば、これを解消するのが先決だ。

 


 

非常事態!どんどん魚が死んでいきます!!
久々に水槽をメンテナンスしたあと、気が付いたら煮魚になっていた
今まで何ともなかったのに帰ったら魚が死んでいた
薬浴をしたら魚が死んでしまった
生餌を与えたら調子が悪くなった
給餌の量について
魚を購入してきたら病気が蔓延した
病魚薬を投入したら逆に調子が悪くなった
旅行から帰ってきたら死んでいた
水槽を買ってきて飼い始めたところすぐにで死んでしまった
濾材が汚れていたので洗ったら魚が死に始めた
いくら魚を追加しても死んでしまいます

 

 <参考購入先>
病魚薬 いろいろありますがメチレンブルーだけで十分です
アクアリウムの参考書

 


非常事態!どんどん魚が死んでいきます!!

 もし何らかの原因で水槽システムが破綻してしまった場合は、ひたすら換水するしかない。換水しながら、バクテリアによる浄化作用の回復を待つのが基本となる。濾過装置を点検し、ゴミが詰まっている場合は取り除いておく。破綻を機会に、濾材を洗浄してしまう人がいる。逆効果なので、決してしてはならない。

 死魚が出るのは、水質の悪化が原因であることがほとんどだ。とりあえず死魚の発生をくい止めるために、最初に大胆な換水を実行する。この場合、こちらの換水法を利用することで、魚へのストレスを最小限に押さえることができる。すなわち、

1回目:20%の水を捨てて、水槽の水20%を追加。
2回目:25%  ”  
3回目:33%  ”  
4回目:50%  ”

とする。魚が弱っているので、1回の換水につき、慣らし時間を十分に取る(1時間以上)。水槽にマジックでおおよその目安となる印を書いて実施すると、やりやすいだろう。4回目の換水が終わった時点で、古い水と新しい水の割合は、計算上、1:5となる。ここまで濃度が薄まれば、しばらくは大丈夫のはずだ。

 給餌は水質悪化の原因になるだけだから、水槽が復旧するまで給餌制限を行う。換水後は少なくとも4日間中止し、その後は2~3日置きにごく少量を与えるだけにする。魚が体調を崩しているときに餌をやっても食べないし、かえって水質を悪化させるだけになる。

 このまま換水しないでおくと、亜硝酸濃度が上昇してくることがある。この場合、安全レベル以下に収まるように、ねばり強く換水を行っていく。亜硝酸濃度が2週間をすぎても上昇してこないなら、ひとまず安心していい。

 亜硝酸濃度を減らす為に換水していると、突然、まったく検出されなくなる。これをもって復旧したと判断する。

 

久々に水槽をメンテナンスしたあと、気が付いたら煮魚になっていた

 電子サーモのセンサ部分を、不注意で空気中に出たまま放置したのが原因。電子サーモがどのような仕組みで水温調整をしているか理解していないと、このような失敗が起こりやすい。

 電子サーモは、センサの温度を検出して、水温が設定値になるよう、ヒーターをON/OFFするようになっている。センサが水から出ていると、いくら加熱してもセンサが温度を検知しないため、ヒータがONしっぱなしになって、水槽の水が高温になってしまう。
 温度センサ一体型のヒーターではこのような失敗は起こらない。初心者はこの方が安全だ。

 

今まで何ともなかったのに夕方帰ってきたら魚が死んでいた

 いつも通り飼育しているつもりなのだが、今日は帰ってきたら魚が死んでいた。水質を調べたが、特に異常はなかった。

原因と対策

 このような問題の多くは、過密飼育や、給餌の量が多すぎるのが原因であることが多い。通常、食べ残しのエサや排泄物は水質を悪化させるが、濾過バクテリアの働きによってすぐに無害な物質に分解される。

 しかし、普段から過密飼育などで濾過能力がめいっぱいの状態だと、何らかの悪要因(例えば日中の温度上昇、給餌の量が若干多すぎたなど)が重なったときに濾過能力が追いつかず、一時的に水質が悪化することがある。この悪化が魚が生存できないレベルに達したことで、死魚が出たと考えられる。
 この場合、後から水質を調べても異常が無いことが多い。自分が帰宅した頃には既に浄化が済んでいるからだ。

 対策は、飼育密度や給餌を抑えるなどして安全マージンを取っておくことだ。飼育密度は、やはり一般的にいわれている小型魚1匹に対して2Lがセオリー。給餌量はこちらを参考にして欲しい。

 

薬浴をしたら魚が死んでしまった

 魚が病気になった。苦しそうであり、すぐにでも治療をしたい。水槽に直接病魚薬を投入するのはいけないので、別容器に移して薬浴を実施した。ところが、薬浴を始めたとたんに死んでしまった。

原因と対策

 病気の症状が進んでいて、魚の体力があまりない場合、薬浴をしたり別の水槽に移すと、すぐに死んでしまうことが多い。薬浴や水を換えることは、魚にとってかなりのストレスと体力の消耗を伴う。つまり、薬浴をすることで、とどめを刺してしまったのである。この場合の対処は、こちらを参考にしてほしい。

 

生餌を与えたら調子が悪くなった

 生餌の方が栄養価が高く、よく食べると聞いたので冷凍生餌に切り替えたところ、病気が見え始め、寄生虫がびこるようになった。

原因と対策

 エサは生餌に近い方が栄養価も高く、嗜好性も強いのは事実だが、病原体や寄生虫を持ち込む危険性が高い。いくら殺菌消毒されているといっても、加熱乾燥された乾燥餌とは比較にならない。

 生餌に限らず生に近いエサを与える場合は、一度熱湯に通す。初心者はテトラミンなどの加熱乾燥されたフレークフードを用いるのが無難で、生餌には手を出さないほうがいい。

 

給餌の量について

 熱帯魚の入門書、あるいは容器の説明書きをみると、「給餌は一日2回、5分程度で食べきる量を与える」と書いてある。その通り与えているが、水槽のコケは増加するばかりで、魚の調子はいつも悪い。

原因と対策

 給餌は意外に難しい。初心者とベテランの大きな違いは、その量。ベテランの給餌量は、初心者から見れば驚くほど少ない。説明書きの量は明らかに多すぎる。
 餌をたっぷり与えるほど元気に大きく育つと考えるのは間違いだ。初心者の水槽では魚が痩せていることは少なく、餌の与えすぎて過ぎで太っていることが多い。

 エサは食べても食べ残しても最終的には水質を悪化させる原因となる。すなわち、

 給餌の量=水槽負荷(濾過システムへの負担)

であることを認識してほしい。
 水槽サイズと魚の数とのバランスについて諸説あるが、これは魚の数と給餌の量が比例することを前提としている。しかし魚の数が少なくても給餌が多いと同様に破綻してしまうので注意して欲しい。

 給餌の量は魚やエサによって違うが、メダカやカラシンの場合、基本的に1日1回、1分以内で食べきる量を最大量と定め、コケの発生状況を見ながら量を少なくしていく。水草水槽では、給餌間隔を2日に1回に減らすと良好な環境を維持しやすいようだ。どんなエサも、食べ残したものは放っておかず必ず取り出す(特にタブレットは要注意)。

 特に初心者は少な目を心がけたい。たとえ少量でも、与えている限り飢えが原因で魚が死んでしまうことはまずない。

 

魚を購入してきたら病気が蔓延した

 入荷1週間をすぎているので大丈夫だと思い、魚を買って水槽に入れたら白点病が蔓延した。あるいは、次々に痩せて死ぬようになった。

原因と対策

 原因は、魚選びの不注意と、安易な水槽投入による。外部から自分の水槽に生体を入れる場合は「水合わせ」しただけではダメな場合があることを知っておいて欲しい。
 ショップの水槽の状態は様々である。購入の際は、まず、その魚がいる水槽をじっくり観察し、死魚がいないか、調子の悪い魚がいないか(白点、異常な痩せ、ヒレ腐れ等)をチェックする。該当する魚が1匹でもいる場合は、その水槽から購入するのは避けるべきだ。

 というのは、たとえ感染していない魚をもらっても、病魚のいる水槽の水は汚染されており、魚と一緒に病原体を持ち込んでしまうことが多い。調子の悪い水槽が多いショップは管理がずさんな証拠。別のショップから購入すべきだろう。

 水槽が合格な場合は、その水槽のなかで最良の個体を入手する。魚をすくう場合も店員任せにするのではなく、できれば自分ですくう。これは申し出れば大抵OKがでるはずだ。

 魚を買ってきたら、本番水槽に入れる前に予備水槽に入れて食塩とメチレンブルーで軽く薬浴(トリートメント)を行う。同時の魚の体をよく観察して病気や寄生虫の有無をチェックする。トリートメント専用の水槽を用意しておくことが望ましい。薬浴をすると魚が飛び出すことが多いので、必ず蓋をする。

 本番水槽に入れるときこちらを参考に水合わせを行う。混合水は捨てていき、最後はネットですくうなどして元の水をメイン水槽に極力入れないようにする。

 <参考購入先>
メチレンブルー

 

病魚薬を投入したら逆に調子が悪くなった

 調子がおかしい魚を見つけた。本をみたら何かの病気らしい。ペットショップで病魚薬を購入。処方通り水槽に入れてみたが、症状は改善されない。それどころか水が濁ってきて、他の魚の調子も悪くなてきた。さらに病魚薬を投入したら、調子が良くなるどころか死魚が出始めた。

原因と対策

 病魚薬(あるいは食塩)は水槽内の悪い細菌や原生動物を殺すと同時に、有益なバクテリアにもダメージを与える。調子の良い水槽システムに病魚薬を投入すると、あっというまにバランスが崩れ、水質が悪化してしまう。病気が治るどころか他の魚も体調を崩し、ますます酷くなるのは必定だ。

 薬浴をする場合は必ず隔離水槽を用意して、そこで薬浴を実施しなければならない。治療の具体的方法はこちらを参照。

 また、魚が病気になるのは、水槽システムに問題があることが多い。対処療法ではなく、水槽システムの見直し(特に濾過システム)を検討して欲しい。

 

旅行から帰ってきたら死んでいた

 明日から連休で旅行に出てしまう為、魚の世話ができない。魚が腹を空かせるといけないので、出かける前にたっぷりエサを与えた。旅行から帰って水槽を見ると、魚が死んでいた。死魚を取り出し、水が濁っていたので換水した。長い間絶食していていたのでおなかを空かしているだろうと思い、エサをたっぷりと与えたところ、また魚が死んでしまった。

原因と対策

 魚が死んだ原因は、エサの食べ残しによる急激な水質の悪化による可能性が高い。一度に沢山与えても一回に食べる量には限界がある、食べ残した餌はすぐに腐敗し、水質を急速に悪化させてしまう。

 たとえ与えたエサを食べ切っても、排泄物が多くなり普段より水が汚れるから、濾過が追いつかなくなる場合がある。過密水槽では、普段より多めの給餌が引き金となって死魚が出やすい。

 しばらく魚の世話ができないときは、照明を落とし、カバーで光を遮って出かけると良い。魚の活動が落ちることで必要なエサの量を減らせる。4~5日程度はこれで十分問題ないはずだ。

 

水槽を買ってきて飼い始めたところすぐにで死んでしまった

 ペットショップにいくと水槽セットが安価に売っている。60cm水槽に照明、濾過装置ほかいろんな付属品が付いて1万円前後で手に入る。「このセットを買えば、熱帯魚の水槽が設置できる!」
 早速水を入れ、ヒーターに通電し、付属していた中和剤で塩素を中和。同時に買ってきた魚も入れて飼い始めたら、1週間で全滅してしまった。

原因と対策

 水槽の立ち上げは簡単ではない。2種類の有益なバクテリアが繁殖し、生物濾過が機能して安全な環境ができるまで3週間はかかる。

 バクテリアを発生させるには、最初にパイロットフィッシュ(アカヒレなど)から始めなければならない。生物濾過が機能しているかどうか調べるためには、亜硝酸濃度の測定が必要だ。いったん上昇した亜硝酸濃度が下がったのを確認したところで、安全な環境が出来たといえる。そこで初めて、本命の魚を入れることが可能だ。

 この手順は最近、いろんなところで目にする。失敗した人は市販のバクテリア商品に頼って正規の手順を省略したり、勝手な判断で手を抜いたのではないだろうか。
 水槽立ち上げの手順はこちらを参考にして欲しい。

 

濾材が汚れていたので洗ったら魚が死に始めた

 水槽は無事立ち上がり、魚も無事に生きている。濾材が茶色く汚れてきたので洗ったところ、次の日から調子が悪くなり、1匹、1匹と死んでいくようになった。

原因と対策

 立ち上がった水槽の濾材には、茶色い、独特の異臭がするどろどろした物が観察できる。それこそが水槽の命、自家製の天然バクテリアだ(自然発生したバクテリアの能力は、市販のいかなるバクテリアよりも優れる)。あなたはその、貴重な貴重なバクテリアを綺麗サッパリ取り除いてしまった。

 濾材には、バクテリアによる「生物濾過」と、ゴミを濾し取る「物理濾過」の2つの機能がある。濾材を定期的に洗うことを勧める説明を見るが、私たちが洗って良いのは物理濾過でキャッチしたゴミだけで、バクテリアを落としてはいけない。しかしウールマットは生物濾過と物理濾過の両方の作用をするので、バクテリアを失わずににゴミだけ洗うことが難しくなっている。

 生物濾過と物理濾過を分離して、物理濾過の部分だけを洗うシステムにすればこのようなトラブルは起きない。具体的方法はこちらを参考にして欲しい。

 

いくら魚を追加しても死んでしまいます

 今日はショップのバーゲンセールの日。この機会に普段から欲しかった魚を一挙に購入した。しかし、水槽の魚たちは日に日に死んでいき、1週間で大半が死んでしまった。「買ってきた魚がたまたま弱かったのだろう」そう思って追加で沢山購入。「これだけいれば半数は生き残ってくれるだろう」と思いきや、あっというまに全滅してしまった。

原因と対策

 水槽にいるバクテリアは、現存する魚の数に見合った数しかいない。つまり、現在発生する排泄物を浄化するだけの能力しかない。

 大量に魚が追加されると、現在の浄化能力では追いつかず、急速に水質が悪化してしまう。バクテリアも増えはじめるが、水質の悪化のスピードに追いつかないから、魚が死んでしまう。死んだからといって何度魚を追加しても、同じことを繰り返すだけになる。

 魚を増やす場合は、バクテリアによる浄化能力が追いつくのを確かめながら、少しづつ行うことが必要だ。