アクアリウム用プログラムタイマー ニッソーNT301レビュー

 照明のON/OFFにプログラムタイマーを探してみた。タイマーの機能としては、照明+CO2添加とエアレーションの切り替えができればよいので、1プログラム2系統か、1プログラム1系統で論理反転する差込口が2つあればいい。
 論理反転する差込口とは、コンセントA、Bが付いていて、AがONのときはBがOFF、AがOFFのときは、BがONになるものだ。

 

 そんな条件でアクア用に市販されているものを探してみたが、なかなかない。中には曜日ごとに別のプログラムができて、1日の中でON/OFFをいくつも指定でき、それでいてアウトプットが一つしかないという、どんな用途を想定して作ったのか、よくわからない商品もある。

 

 今回はニッソーのNT301を導入してみた。この商品は1プログラム2系統搭載なので、機能的に申し分ない。
 欠点は時計用にボタン電池が別途必要なことで、消耗が早いうえ、電池を交換するたびにプログラムが消えてしまうことだ。

 

 タイマーを導入すると、ON/OFFの手間が省けることのほかに、いいことがある。それは機器のスイッチを直接操作しなくて済むようになるため、スイッチの寿命が延びることだ。機器のスイッチは壊れると、機器そのものを修理に出さなければならないが、タイマーならその心配がない。タイマーの接点が半導体スイッチのものは、接点の寿命が問題にならない。お勧めだ。

 

<参考購入先>
アクアリウム用タイマー 今はGEXの商品がいいでしょう