日産に見捨てられた!~リーフの電池寿命問題

 日産は「5年使用しても80%容量が残る」「5年10万キロは乗れますよ」といってリーフを売り、それを信じて買ったユーザーに対して「それは目安ですので・・」「保証ではありません」などと対応しているらしい[1]

 

 電池の寿命はユーザーの使い方によって異なる。4年でダメになるという噂だが、5年持つ人もいれば、3年でダメになる人もいる。統計を取れば、正規分布になりそうだ。リーフの場合、たぶん次のようだろう。

 このカーブの仮定では、68%の人が、4年±1年、つまり3年~5年で寿命(耐え難い性能劣化)を迎える。7年以上乗れる人はほぼゼロ。

 リーフユーザーは全員、5年を目安にクルマを手放すか、電池交換して乗り続けるか、選択することになるだろう。

 

 

 これと似た話は良くある。「橋を作ったけど、想定外に通行量が少なくて赤字になりました」「テーマパークを作ったけど、想定外に人が来なくて破綻しました」というのがそう。

 正規分布の中央をできるだけ正確に予測して、安全率を1σくらい見込んでおけば、よほど不運が重ならない限り、悲惨な結果にはならない。しかし人はどうしても、計画の推進に都合のいい予測を立ててしまう[6]

 リーフの場合「3年は問題なく乗れますよ」と言っておけば、何も起こらなかったはず。

 

 

問題を認めて無償交換に応じると損になる

 この考えはトラブルを拡大させる会社でよく見られる判断ミスだ。と、以前書いた[2]

 リーフの場合は、たとえ会社が一時傾いてでも、5年間は無償交換するのが正しい対応のはず。

 「それは目安ですので・・」といって1円でもお客様に費用を負担させたら、新型リーフどころか、他の車種の売れ行きも危うくしかねない。

 

 実はプリウスが出た時、私は今のリーフと同じ結末を予想していた。しかし、そうはならなかった。

 どうやら、初代プリウスのは電池交換をすべて無償でやったらしい[3]。プリウスが出て数年後、「電池交換で高額な出費を強いられた」という情報を探したが、何も出てこなかった。

 初代プリウスは大赤字だったらしいが、この対応が現在のハイブリッドビジネスの成功に繋がっている。

 

スポンサーリンク

 

少なすぎた電池容量

 電池は充放電深度が浅いほど長持ちすることが知られている。一般に、2~3割使ったところで充電すれば、5割使って充電する場合に対し、寿命が約2倍に伸びる。

 ここでいう寿命は「サイクル寿命(=充放電回数)」のことで、耐用年数が伸びるわけではない。つまり

「航続距離を半分に抑えれば、充放電回数が2倍に伸びるよ」

という話。航続距離が半分になれば充電回数が倍になるので、「同じ距離を走るなら、結局変わらないではないか」と思うかもしれないが、その通り。

 EVでクルマの航続距離を延ばすには、電池の容量をひたすら増やすしかない。リーフは、宣伝文句を実現するために本来必要な電池を積んでいなかった。これが今回の騒動を生んだ原因とみている。

 

 

元々成り立たなかった

 リーフの電池容量はどのくらい必要だったのか。5年で20%低下で済むはずの電池が4年で半分程度になったとする口コミ[2]からすると、少なくとも今の2倍(60kWh以上)は必要だったのではないかと推察する。

 静岡県工業技術研究所で公開されていたリーフのバッテリ(2012)。リーフの電池を交換すると60万円程度かかるというが、現物はスゴイの一言。原価はその倍くらいするのではないか。

 

 

 バッテリを2倍増やすと車両本体価格がガソリン車の2倍を超え、実質ガソリン車の半分も走らない。リーフは元々、長距離を走るクルマとして成り立つ商品ではなかった可能性が高い。

 

 

新型リーフは大丈夫か

 「電池の容量を30kWh→40kWh(33%)増やして航続距離 約400kmを達成!」この宣伝を見ると、今まで売ってきたリーフには何も問題がなく、買った人は皆、満足しているかのような印象を受ける。

 電池容量を33%増やしたというが、単純に33%の改善にしかならないことは容易に想像つく。「4年は十分乗れますよ」と考えておくのが良さそうだ。

 いずれにせよ、日産が現行ユーザーの救済をなおざりにする限り、今後のビジネスが成功する可能性は低い。おそらく今後10年は苦しむことになりそうだ。

 

<関連商品>
リーフのすべて

<関連記事>
3.ハイブリッドを買うと30万円の損をする
EV自動車は普及するか~EVブームに踊る日本企業
4.パイオニアのブルーレィドライブを修理する
6.充電インフラの整備は無駄~EV普及のシナリオはあるか

<参考文献>
1.マイニュース 2015/7/30  電気自動車『リーフ』は“4年しか使えない”欠陥車だった!日産ファンだった購入者が告発「初期ユーザーはモルモットですか?」
2.YaHooニュース 2017/7/7 電池寿命に不安。電気自動車の中古価格が暴落中! 国沢光宏
 評論家の方は普通、ここまで厳しい文章を書きません。これまでエコカーを推してきた国沢さんも、とうとうキレたようです。