塩酸処理済み大磯砂はこうして作られる

次の図は、塩酸処理済み大磯砂を数多く手がけてきた経験から導き出した、最新の製作のプロセスを示している。自作の参考にして欲しい。ST,HGとはグレードを示し、当HPでオリジナル商品として用意しているものにそれぞれ該当する。

 

makesuna

 カルシウムの溶解には強塩酸を使う。使う塩酸と水の量は、それぞれ200cc/10kg、 4L/10kgが基準である。塩酸処理は2度行い、100cc/10kgずつに分けて使う。1度の処理では濃い塩酸を使っても溶け残しを生じ品質の低いものになる。カルシウムと塩酸が反応すると水が出来、塩酸の濃度が薄くなるので、水の初期量は砂の表面と水面が一致する程度でいい。砂の品質は同じ原料を使ってもばらつきがあるので、いつまで経っても溶解が完了しない場合は塩酸を追加する。

 塩酸を入れたら、12時間置きに攪拌し、泡抜きを行う。これは、砂の中で貝殻の周囲を泡が覆ってしまい、溶解効率が落ちるのを防ぐ為である。
 処理の完了は、12時間後の攪拌時に泡が出てこないことをもって確認する。溶解の具合をモニターするために、貝殻の破片を入れておくと目安にはなるが、証明にはならない。溶解の完了は、あくまで攪拌時に泡が出ないことをもって判定する。

  溶解が完了したら、処理溶液と砂を振るい分けし、砂はよく洗浄し、廃液は中和して破棄する。中和にはいろんな方法があるが、水酸化ナトリウムを使うと少量で効率よく中和が出来て便利である。
 ここで砂を洗浄するので、最初の予備洗浄は省略してもかまわない。しかし、予備洗浄して置いた方が、溶解処理の確認がずっとしやすくなる。

 STの場合はこれで終わりだが、HGの場合は、引き続き砂に残留する塩化水素を抜くプロセスを実施する。

 処理した砂を水に漬け置きしながらPHの低下を観察し、PHが落ち着いた時点で全ての水を入れ替える。これを、PHが規定値になるまで繰り返す。砂に対して出来る限り多くの水を使う方が、換水の回数が少なくて済む。

 このプロセスで水酸化ナトリウムを使うと換水の回数を減らすことが出来る。砂を水に浸したら、水酸化ナトリウムの水溶液を加えてPHを10に調整する。定期的に攪拌をおこない、PHを測定して7を下回ったら水酸化ナトリウム溶液を追加し、2回目以降はPHを8に調整する。PHの変動がほとんどなくなったら最後に水を入れ替えて1日漬け置きすれば完了だ。

 最後のダメ押しに煮沸処理を実施する。これも、砂に対して可能な限り大量の水を使うことで品質のよいものができる。煮沸は長時間グツグツ煮る必要はなく、一度沸騰させればOKである。煮沸処理で塩酸は除去できないが、煮沸することで漬け置きではなかなか抜けない残留塩化水素を煮出すことができる(実験記事はこちら)。早く処理を完了したい人は、漬け置きのプロセスを煮沸の繰り返しに置き換えてしまってもよい。
 煮沸処理が完了したら、最後に煮汁のPHをチェックして、既定値をクリアしていることを確認する。最後に水洗いして煮汁を除去したら、完成である。

 このように大磯砂をアクアリウムに利用する場合は、結構大変である。砂の機能は、同型の石ころと変わりないのだが、それでも大磯が好まれるのは、色合いからだろうか。

<注意>
 この処理法を実際に実施される場合は、すべて自己責任にてお願いします。
 この処理法に関し、当方が特別な権利を主張することはありません。どなたでも、本処理法を自由に実施することが出来ます。
 この処理法は改良により予告無く変更する場合があります。

 

<関連商品>
大磯砂一覧 塩酸処理には強塩酸が必要です。別途薬局でお求めください