F&Pの家は合理的か

 F&Pでは住宅で最も問題となる壁内結露に関して50年間保証※1し、竣工後もきちんとデータ取り工場にフィードバックして改良に役立てている。本社には様々な実験設備があり、一つ一つの工法について実験で検証したものを採用している。また、施工した物件についても数十年にわたって観察を続けている。世の中いろんな工法があるが、これほどまじめな取り組みをしている所は珍しい。

※1 無結露保証50年というのはFPパネル内部だけであり、それ以外の部分、例えばウイークポイントの一つである気密テープ部分には適用されないので注意が必要だ。

 世の中、FPと同等以上の性能を持つ商品は沢山あるが、それらのほとんどは机上の話であって、実際の施工でそれが実現されているか、不明というものが多い。
 例えば、現場吹きつけ発泡ウレタンで100mmもやれば、FPと同等の断熱、気密性能が簡単に出せる。最近ではアイシネンやフォームライトSLといった、一度に100mmの吹きつけ可能な断熱材が登場しており、安価に高性能な断熱が出来る。しかし、これらの大抵は作りっぱなしで、結果どうなのか、全く不明だ。一棟一棟性能が保証される点がFP最大のメリットといえよう。

 FPが良いのはわかるが、それがコストに見合う物かどうか、よく考える必用がある。FPでは坪50万から、通常60万くらいかかるという。同じ性能が期待できる他の工法と比較して、FPの価値を坪何万の+αとして認めるかが問題だ。
 いずれにしても、十分お金のある人にとっては、手堅い選択の1つといえよう。

 

<関連商品>
家作りに役立つ本