R32スカイラインからの乗り換えの難しさ

 R32スカイラインから乗り換えようと試乗を重ねているが、なかなか満足いくクルマがない。スカイラインは動力性能と居住性が高次元でバランスされている。この点で同等のクルマが見つからないのだ。

 

 R32から別のスポーツカーに乗り換えて後悔したという話をよく耳にする。確かにスカイラインに一度乗ってしまうと、どんなクルマに乗っても不満を感じてしまう。スカイラインを越えるものは、スカイラインしかないのではないか、と思うようになってきた。

 ここで、レガシィB4はどうだ、スープラはどうだ、アコードユーロRのほうがいいんじゃないか?と思う人がいるかもしれない。しかしこれらの動力性能と居住性は、スカイラインほどバランスがとれていない。

 雑誌で見るスポーツカーの特集記事では、パワーは何馬力だの、ゼロヨンはどうの、サーキットのタイムは何秒といった動力性能を比較している。このような雑誌を読みすぎると、スポーツカーは動力性能が絶対であるかのうように勘違いしてしまう。

 動力性能と居住性がバランスされたクルマのオーナーになると、動力性能はスポーツカーの特性の一つにすぎないことがわかるはずだ[1]

 

 今までスポーツカーに乗ったことがない人が「たまにはスポーツカーに乗ってみよう」と考え、アルテッツアを選択した人は、「なんだ、スポーツカーってこんなもんか」という印象で終わるだろう。

 アルテッツアは車検などを機に未練もなく売られてしまい、オーナーは次のクルマを自由に選択するに違いない。

 スカイラインに乗ってきた人は次が難しい。何に乗っても「今までより良くなった」と感じられない。

 そこで次もスカイラインにしようと思うが、チープに劣化したインテリアが気になって購入に踏み切れない。スカイラインユーザーが乗り換えに苦しむのは、日産が新型スカイラインを魅力的にしてくれないところにも原因がある。

 

<参考購入先>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

<関連記事>
1.スポーツカーとは何か~疲れるクルマはスポーツカーではない