スポーツカーをATで乗るのは間違いなのか

 スポーツカーにATとMTが用意されていて選べる場合がある。両者はまったく別のクルマと思えるくらい走りが違う。ATとMTの選択で失敗しないために、両者の違いについて詳しくご説明する。

 

ダイレクト感の違い

 MTには操作に対する応答が早い。「ダイレクト感」がある。ギアを選んでクラッチをつなげば「動力を伝達した」実感を得る。

 これに対しATはクラッチを繋いだ時のショックがほとんどない。操作に対するレスポンスが悪く、何をしてもそれが反映されるまでにタイムラグを感じる。

 打てば響くMTに対し、ATは応答がゆっくりでソフトタッチ。

 シフトチェンジに要する時間に関しては、MTのシフト操作を含めると両者は同じか、ATの方が早いかもしれない。しかしATにはシフトチェンジした実感がない。

 

クルマを操る実感の違い

 MTはギアの選択が自分の意のままになる。ATはコンピュータがギアを選ぶ。

 ATはドライバーの意志通りに走れないことがある。例えば、一定速度で走行している状態から加速したい場合、MTはすぐにそれができる。しかしATの場合は、

(1)アクセルを踏み込むと、とりあえず現在のギアでじんわり加速
(2)踏み続けていると、ようやくシフトダウンする(コンピューターが加速したいんだな、と判断する)
(3)回転数を制御した後、クラッチ接続して動力伝達する

という段階を経て、やっと加速に入る。ATは速度に関係なくつねにハイギアを維持しようとするから、低速でアクセルを踏んだ場合は、ほとんど加速しない[1]

 

ATのマニュアルモードの実態

 ATにはギアを意図的に選択できる「マニュアルモード」がある。スポーツカーと称するクルマには、必ずと言っていいほどついている。

 これは普通のATに「アップダウン」機能を追加しただけ。応答は普通のATと変わらない。

 ATはあくまでDレンジをメインに使って走るようプログラムされているため、アップダウンさせるとギクシャクしたり、回転数の上昇に戸惑う結果になる。最初ちょっといじっても、結局Dレンジに入れっぱなしで走ることになるだろう。

 ATのマニュアルモードはオマケにすぎず、MTのようなダイレクト感も、ギア選択が自由になった実感も与えてくれない。

 

結論

 スポーツカーでATとMTが選択できる場合、次のように選ぶといい。

 

走りのダイレクト感、スポーツカーの楽しさを求めるなら、MT。

スタイル重視のラグジュアリーカーとして乗りたいなら、AT。

 

 ATはその特性上、低速トルクを増幅するので、MTに比べ乗りやすくなるメリットもある[2]。いずれにせよ、ATとMTでは、まったく違ったクルマになることを覚えてほいてほしい。

 

<参考購入先>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

<関連記事>
1.ベンツ BMW インプレッサは軽より遅い!?~大排気量 ハイパワーターボ車の意外な欠点
2.試乗記~トヨタ86 G AT (2012/5/31)