あなたの知らない自動車用アルミパーツの落とし穴

 自動車アフターパーツの市場でアルミがもてはやされている。アルミの「軽い」という性質が好感されているらしい。

 しかしアルミは鉄に対し、ヤング率(≒剛性)が1/3、熱膨張率が2倍。アルミ部品を鉄部品と組み合わせて使うと、この物性の違いが様々なトラブルを生む。

 

アルミパーツのメリット

 アルミ製のアフターパーツをクルマに付ると場合、どんなメリットがあるのだろう。例えば、ボンネットやサスペンションの一部、ホイールナットをアルミにしても、全体の重量はほとんど変わらない。つまり、運動性能や燃費に対する効果は、限りなくゼロである。

 アルミ製アフターパーツのほとんどがドレスアップを目的のアクセサリ。

 写真はロードスターに付けたマツダスピードのアルミ製タワーバー。鉄の剛性の1/3しかないアルミ製で、しかも直線でないタワーバーはゴムに等しい。

 

 

ホイールナットだけはやめた方が良い

 ナットはホール全体の質量に対し、1%に満たない。しかも回転軸に近いところにある。このようなナットをアルミに変えたても、効果は限りなくゼロ。

 ホイールナットは締め付けトルクの管理ができて初めて安全に利用できるパーツ。カーショップでポン付けして終わりというわけにはいかないモノだ。このような安全にかかわる部品をアルミに替えるのは、たとえドレスアップにしてもやめておくのが無難だ。

 

<関連商品>
アルミ製のカーアクセサリ

<関連記事>
私のクルマ~マツダ・ロードスター Vスペシャル GF-NB8C