庭木の灌水システム

 去年の夏は日照りが続いた時期があり庭木の水やりに苦労した。そこで今年は写真のような灌水システムを構築した。広いエリアを灌水するためには細いチューブ状のものが便利。

 穴あきチューブなどが市販されているが私が選んだのは灌水ホースと呼ばれる多孔質のゴム製ホース。水がホースからジワジワ滲み出すもので、散水というより染み出した水を地面に染みこませるタイプ。

 

 灌水ホースはホースが細く目立たない(外径13.6)利点があり、写真左のような土間の溝のようなところにもホースを設置できる。地面に埋設して完全に見えなくすることも可能。

 配管の固定はシート押さえ用のUピンを使う(写真2枚目)。
 散水が必要ない経路はφ9のホースを使って配管する(写真3枚目)。

玄関のアプローチに植えたタマリュウ タマリュウの下に見える灌水チューブ 灌水チューブ入口の配管の様子
  

水栓に設置した散水タイマー SST-1 灌水ホースは低水量で時間をかけて灌水を行う仕組みのためタイマーを組み合わせるのが望ましい。SST-1という商品(写真)を組み合わせる と水量調節が不要になりダイヤルをひねるだけでよくなる。

 SST-1は安価で電気も要らない優れもの。SST-1はゼンマイ仕掛けなので半分以上まわしてから所定の時間に合わせる。これをサボると時々途中で止まって水が出っ放しになるので注意。

 

 

 下の図は灌水システムの構成例。この構成で7000円前後のコストになる。我が家の場合はもう少し複雑なものを北側と南側に設置している。

灌水システムの構成例坪庭に設置した散水チューブの例

 灌水システムを設置したらエンドプラグを外して水量を1L/minに調整する。この実際の作業は大き目の計量カップとストップウオッチを用意して30秒で500ml程度出るようにすればOK。

 実際やってみた結果は水道の栓をわずかに緩めたくらいだった。水量を1L/minに調整しておくとタイマー60分で60Lというように灌水で消費される水の量を把握しやすい。

<参考購入先>
潅水用品一覧 散水チューブは地面に埋設してしまうといいでしょう
コルゲートチューブ 長時間日光が当たる場合は露出部をこれで保護してください
散水タイマー SST-1