FPの家~手堅い選択肢の一つ

 FPは壁内結露に関し50年間保証し、竣工後も長期間データを取って工場にフィードバックし改良に役立てている。本社にはいろんな実験設備があり、検証したものを建築に使っている(工場見学で確認)。いろんなハウスメーカーがあるが、これほどまじめな取り組みをしている所は珍しい。

※: 無結露保証50年というのはFPパネル内部だけ。それ以外の部分には適用されない。

 

 世の中、FPと同等以上の性能を持つ商品は沢山あるが、それらのほとんどは机上の話。大抵は作りっぱなしで実際の物件で想定通り機能しているか、怪しいものが多い。

 一棟一棟、性能が保証される点がFP最大のメリットといえる。

 

FPのデメリット

 FPが良いのはわかるが、それがコストに見合う物かが問題。

 FPでは坪50万から、通常60万くらいかかるという。同じ性能が期待できる他の工法と比較して、FPの価値を坪何万の+αとして認めるかが問題だ。

 換気システムの考え方に問題がある。FPは基本的に個室に給気レジスタを設け、まとめて集中排気するシステムなので、冬に個室が寒くなるなどの問題が起こりやすい[1]

 

結論

 十分お金のある人にとって、FPは手堅い選択の1つだと思う。

 

<関連商品>
発泡ウレタンスプレー 自分で簡単に断熱補修できるようになりました
家作りに役立つ本

<関連記事>
1.間違いだらけの24時間換気システム設計~個室が寒い 窓を開けると2Fが換気されない・・
断熱施工の落のとし穴~間違った断熱施工の例と対策
子々孫々まで祟る?~ALC外壁住宅の知られざる欠点
夢の注文住宅~新築でマイホームを建てたら欠陥だらけだった!?

<参考文献>
FPの家