ブラインドテストの落とし穴~ケーブルの違いは知覚できるか

雑誌の比較視聴記事や、それを模倣したマニアの視聴リポートは、実験方法や評価の仕方に問題があって、本当にその音の変化を評価しているとは言い難いものが多い。具体的にどんな問題があって、どうしてダメなのか。今回はこれについて、少し詳しく説明したい。

ブラインドテストで差があれば、音が変わったといえるか

 例えば、ピンケーブルを変えて音が変わったとすると、それは、ピンケーブルによる音の変化を聴いたものではない可能性が高い。なぜかというと、「ピンケーブルを変える」という操作によって、別の、より影響の大きな要素が変わってしまうからだ。
 素人はそのことに気が付かず、ピンケーブルだけを変えて、ブラインドテストで音の変化が認められれば、「音が変わることを証明した」と勘違いしてしまう。同じ調子で、電源コード、ハンダ、トランスポートなどいろんなものをテストして、音が変わるから、「オーディオは、何をやっても、音が変わる」と思いこんでしまうようである。そんな人たちに、「計測でわからないものが、なぜ聴感でわかるのか?」と質問すれば、「未だ解明されていない、未知な部分があるんだ」ということにして考えるのをやめてしまう。

 

「オーディオは、何をやっても、音が変わる」本当の理由

 比較試聴で人間が聴く音は、次に示す3つの要素の総和になる。

人間が聞く音=主観(心理的変動分)+物理的変動分+実際の変化分

「実際の変化分」が、変更した部分だけの影響による真の変化分を示し、そのほかはノイズである。「物理的変動分」の主な要素に次がある。

1.出力感度(音量)の変化
2.耳までの伝達特性の変化
3.スピーカの特性変化
4.接触抵抗の変化(ケーブル類の場合)
5.直流抵抗の変化(ケーブル類の場合)

 その他、気温温度や気圧の変化が取り沙汰されることがあるが、これらの変化はゆっくりしたものなのであまり影響しない。

 1は特性が全く同じでも微妙な音量差によって聴感に大きな影響を受けることを意味する。一般に音量が大い物ほど高い評価を得やすい。これを排除するためには校正信号を使って音量(SPターミナル部分の電圧値でよい)を校正しなければならない。アンプのボリウム調整がアナログ抵抗器の場合、位置によって左右の音量が微妙に異なるのが普通だから、これを校正する必要がある。

 2は去年こちらで述べたように人間の着座位置、姿勢や、頭の位置のちょっとしたズレで伝達特性が変わることに関係している。これはFFTアナライザを使って伝達特性を測定してみれば直ちにわかる。

 3はスピーカが不安定なデバイスであり、特性そのものが環境によって変わり、試聴中も駆動系やエンクロージュア内部の温度上昇によって刻々と特性が変化してしまうことをいう。

 4,5はこれまで散々書いているから割愛する。スピーカケーブルの抵抗による変化、すなわちDFの劣化による周波数特性の変化は聴感でわかる場合がある

※スピーカケーブルやアンプを比較する場合は、スピーカターミナルまでの抵抗値を揃えてDFの影響を排除しないと本来の音の比較が出来ない。太さが極端に違うケーブル同じ長さに切って比較すれば、差が出るのは当たり前といえる。

 

 上の式からわかるように、「実際の変化分」だけを正しく知るためには、主観と物理的変動分の2つを、「実際の変化分」よりも、ずっと小さくしなければならない。しかし現実は、主観をブラインドテストで排除できても、物理的な変動要素を排除するのは困難である。最大の難問は2の「耳までの伝達特性の変化」だ。1,3,4については、やろうと思えば出来る話だが、世間ではこれさえも考慮されることは稀のようだ。

 ケーブルやCDプレーヤによる「実際の変化分」は、主観や物理的変動分に比べて非常に小さく、人間が知覚できないレベルのものが多い。ブラインドテストをすると確かに音が変わるが、繰り返すと傾向が出ない、有意差が出てこないのは、「物理的変動分」が、「実際の変化分」よりもずっと大きいためだろう。

 

「試聴」でまともな評価は出来ない

 比較試聴に置いて上記の物理的変動分が排除できないのは、音楽ソースを使って人間が聴感で判断するという評価方法の限界を示している。この評価方法は、工学的に見ると最も「曖昧」で、「不正確」で、「信頼性の低い」方法である。このようなプアな評価方法でまともに判定できるのは、せいぜいスピーカの音の差くらいで、ケーブルやCDプレーヤの音の差になると物理的変動要素の中に完全に埋もれてしまい、まったく判定不能である。

 きちんと音を比較したいのなら、計測器と適切なテスト信号を用い対象物だけの伝達特性を調べることで聴感よりもはるかに精密かつ正確な評価が可能である。なぜなら、このテスト方法では、主観や物理的な変動要素が入る余地がほとんどないからだ。
 従って、計測で変化が認められなければ、「未だ解明されていない」「未知な部分の影響」ではなくて、「聴感においても変化がないことの証」にほかならない。

 

理論派 vs 感覚派、論争に終止符は打てるか

 オーディオの理論派 vs 感覚派の論争では、理論派は「変わることはあり得ない(聴感ではわからないレベル)」といい、感覚派は、ブラインドテストで差が出る事実をもって「変わるんだ」「解明されていないだけだ」というふうに意見が分かれ、お互い譲らない。

 私がみるに、両者の主張はどちらも正しい。話が分裂するのは、お互いが上述の「物理的変動分」を考慮していない為だろう。すなわち、物理的変動分を考慮すれば、音は変わるし、考慮しなければ音は変わらない。感覚派も、自分の試聴結果が物理的変動分に大きく左右されていることを知れば、理論派の主張も納得できるのではないだろうか。

 

高級機に存在意義はあるか

 実際の変動分が小さいことを考えると、極端な話、スピーカだけいい物を揃えれば、あとはミニコンポで十分、という結論に至る。世間に出回っているオカルトグッズや不当に高価なアクセサリ類は、すべて存在意義を失うだろう。
 しかしオーディオを趣味として考えた場合、視覚的な雰囲気や操作感といった要素も大切になる。安物のミニコンポでクラッシックを鑑賞するのは、いかにも「味気ない」だろう。ここに高級機の存在意義があるといえる。
 この場合、あくまでも「視覚的な雰囲気をお金で買う」のであって、「音をお金で買う」のではないことに注意したい。

 

<関連商品>
スピーカーケーブル一覧 ケーブルは電線の太さだけに注目して選ぶのがコツです
ブラインドテスト関連書籍一覧
DENON オーディオチェックCD デジタルで波形が記録された信頼できる音源CD。ゲイン校正に役立ちます
デジタルマルチメーター ゲイン校正に役立つ測定器。ブラインドテストするなら最低これくらいの準備はしましょう

<関連記事>
ブラインドテスト
スピーカーケーブル