ピュアオーディオの将来

その昔、レンタルレコードというものがあった。私が学生の頃、レコードを買うお金が無くて、せっせとレンタルしては、カセットテープにダビングしていた。後から編集が出来ないので、時間を積算ながら曲の構成に頭を悩ませていた。レコードにもテープにも「頭出し」という神経を使う作業が必要で、失敗してはやり直しをしたものである。
時は流れ、MDが登場した。レンタルもCDが主流になり、ダビング作業もかなり楽になった。しかしダビングは依然実時間であり、タイトルやアルバム名の記入は手書きであった。

現在は、iPodのおかげでリッピング&ICプレイヤーという図式が誕生した。優秀な管理ソフトと、CDDBとの連携により、ダビングや編集作業が大幅に高速に、かつ省力化され、編集作業タイトル名の入力も必要なくなった。手持ちのCDを全部HDDにリッピングし、プレイリストを作れば、好きな音楽を自在に再生することが可能だ。ダビングや編集の苦労はもう過去の物といっていい。
この仕組みは携帯オーディオだけのものではない。フルデジタルアンプを組み合わせることで、ピュアオーディオの環境も構築可能だ。これを次に示そう。

musicsys1パソコンには「音楽管理ソフト」を導入して運用する。音楽管理ソフトはiTunesという優秀なお手本があり、これを真似たいくつかの管理ソフトが市販されている※。

※BeatJam、SonicStage(フリー)などがある。前者はタイトルのカナ変換機能が充実しておりMDをメインに使う場合は便利だ。ソフトの品質は後者の方が上である。

 

入り口から出口までデジタルだから、音質劣化はなく、アナログハイエンドに匹敵する十分な高音質を得ることが可能だ(但しWindowsのボリウムコントロールは常時最大にする必要がある)。CDソースを聴きたければ、パソコンに付いている物がそのまま使える。1bitアンプはSM-SX10が現行品としてある。もし手に入れば、SD-SG40でもいい。前者はやや高価だが、ファンなど故障する部分がないので末永く使えるだろう。

このようなパソコンで音楽を管理、再生するシステムに対して、

「音楽を聴く姿勢に問題がある」「音楽に対して失礼だ」

 

という人がいるかもしれない。しかし、椅子に座ってグラス片手に目をつぶり、音楽だけを聞いている人はどれほどいるだろう。大抵の人は、何かを見ながら、あるいは何かをしながら音楽を聴いているはずだ。今後は、「インターネットを見ながら、音楽を聴く」というスタイルが増えるだろう。

リッピングする際のフォーマットはATRAC3 132kがサイズと音質のバランスが最もよいだろう。ATRAC3Plus256kはCD並だが、ATRAC3との音質差は少なく、サイズが2倍に増えるだけのメリットはない。両方聴いてみて差がわからないなら、ATRAC3 132kで十分だ。この形式はMDにLP2で転送する場合再エンコせずに済むため高速転送できるメリットもある。

リッピングしたソフトを外に持ち出す場合はICプレイヤーが便利だが、ヘッドホンで高音質を求めると、今のところ1ビットMDしかない。MDは1枚当たり177MBの容量しかないが、複数を携帯することである程度カバーできるだろう(Hi-MDに対応すれば305MB)。

音楽ソースの入手源として、インターネットのミュージックストアが新たな選択肢に入る。しかし1曲200円前後という値付けは高すぎる。コピーフリーでなく流通コストもかからないものがどうしてCDの曲単価とおなじくらいなのか理解不能だ。1曲50円以下が適正ではないか。この状況が変わらない限り、入手源は当面レンタルCDが主になると考えられる。

このシステムで問題になるとしたら、パソコンのファン音だけである。部屋にはエアコンの空調音もあるから、パソコンのファン音だけを悪者にするのはおかしい。ファン音がどうしても許せない人は、デジタル出力付きのMDを使えばいいだろう。

プチノイズ対策

パソコンの再生環境ではデジタルであっても「プチ」というプチノイズが乗ることがある。これは常駐ソフトや割り込みなど様々な原因が議論されているが、波形の飽和が有力だ。ボリウムコントロールでBassBoostなどのイコライジング機能が有効になっている場合はこれをミュートすることで改善する場合がある。これでもダメな場合はメモリを積んでいるサウンドカードの導入を検討して欲しい。CREATIVEがお勧めだ。

 

<参考購入先>
Creativeサウンドカード一覧