ロクな漬物がないではないか

我が家の朝ご飯にたくあんが出るようになった。その関係でスーパーでいろんなたくあんを買ってくるがマトモなものが一つもない。見た目はたくあんだが、味は完全に別物で化学調味料の味しかしない。中には不自然に黄色いものもあり、到底買う気になれない。

たくあんは元々発酵食品でバイ菌の力を借りながら製造に1ヶ月くらいかかるものだが、スーパーで売られているものはダイコンの水分を化学調味料で置き換えてオシマイ、といった作り方をしているようである。
たくあんに限らず、漬物類は総じて「漬物」とは呼べない別の食べ物になっている。

朝ご飯に使う食品でマトモなものもある。「みそ」「納豆」「豆腐」がそうで、「みそ」などは市販品を避けて自家製で作るメリットがないと感じている(以前作ってみたら市販品と大差なかった)。豆腐は安いものでも美味しい。賞味期限が短いが、マジメなつくりの裏返しといえよう。

そんな豆腐は安く買い叩かれて生産者が苦しい思いをしているという。イオンで一丁30円未満で売られているがこれではいくら売っても儲かるまい。

豆腐の品質には改善の余地があまりなく、単体の味で勝負することが難しい食品である。形の工夫、たとえばザク豆腐のような反則技は長続きしないものだ。
豆腐の課題に「賞味期限」がある。これが2倍に伸びれば価格に転嫁できるだろう。但し味を犠牲にしないことが前提で、薬を使わず雑菌を排除して実現せねばならない。他に豆腐を使った新たな二次食品の展開も考えられるが、それもこれも賞味期限の問題を解決してからの話である。

 

<関連商品>
漬物一覧 マシな漬物があるでしょうか
味噌の人気商品一覧 通販ならではのプレミアム商品があります
豆腐一覧 話題のザク豆腐も

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です