面倒なカーテンのふさ掛けを簡単にする

 閉じたカーテンをまとめるロープのようなものを「タッセル」、そのロープを引っ掛ける器具を「ふさ掛け」という。
 カーテンの設置を業者に任せるとこれが付いてくるが、とても使いにくい。
 カーテンを開け閉めするたびに、タッセルをふさ掛けから外し、掛ける作業が発生する。たまにタッセルが外れて落ちるので、イライラする。

 

DSC03414 このカーテンのふさ掛け作業がどうにも面倒で、何とかならないかと探して見つけたものが「アームホルダー」。
 U字型のアームが上下に動くだけのもので、カーテンをまとめる作業は劇的に簡単になった。見た目もgoodだ。

 写真は我が家で設置したTOSOのアームホルダーC。

 

 

 実際に設置する際、ホルダーの取り付け位置に注意したい。カーテンの高さが2mとすると、ホルダーU字部の底が床から0.85m~0.9mに来るようにする。世間ではこの下:上の寸法比について 1:1.6 がよいとするアドバイスもあるが実際は低すぎる。私が見た感じだと 1:1.35 くらいがベストだ。

  カーテンには「遮光」と「目隠し」の機能があるが、植栽や外構の工夫でカーテン自体、必要ない形にするのが理想だ。
 新築で家を建てる場合は、土地選びが重要になる。南向きの土地では道路からリビングが丸見えで、カーテン閉めっぱなしの狭苦しい生活になってしまうことを覚えておきたい。

 

<関連商品>
アームホルダー商品一覧

 <関連記事>
間違いだらけの土地選び~南向きは本当に良いか