削りたての鰹ダシで作った味噌汁は最高なのか

DSC03724「削りたての鰹節が最高に違いない」そう思って鰹節と削り器を買ってみた。子供のころ、お手伝いした記憶を頼りに削り節を作り、味噌汁を作ってみた。その味は・・

 このいかにも薄い鰹ダシの味噌汁は、遠い昔、子供の頃に飲んでいた味そのもの。久しく口にしなかった懐かしい味である。

 

今回のダシは鰹100%だが、これが最高かといわれると疑問符が付く。量が足りないのか、そう思って鰹節の能書きを見ると水に対して2~4%(重量比)が目安とある。 

 

正規の分量で味噌汁を作り直してみる

DSC00023 4人分の主な具材は写真の感じ。水0.6L、鰹節18g(水の重量比3%)。 見た目には結構沢山の鰹節を使うように見える。

 この量は最初に使った量の3倍以上。

 

 

 DSC00025 きちんと計量して作った味噌汁。

 鰹ダシをとった後、火を止めてから具材を全部放り込む。水温が10℃以上一挙に下がり、同時にワカメからダシが出る。

 食卓に並ぶころにはちょうど良い温度になる。はてさて、お味は・・・

 

おおお!旨いじゃないの!! しかしとても贅沢に感じる味だ。

 

結論~美味しいが高くて使えない・・

 使った鰹節はグラムあたり7円なので4人分だと1回126円。毎日使うにはちょっと高い。それに、作るたびに大量に出るダシガラが勿体ない。細かく刻んで、おかかでも作ろうか・・それも面倒。

 やっぱりダシは以前作った顆粒ダシに煮干し粉を混ぜたもの[1]がベストという結論になった。

 

<関連商品>
鰹節削り一覧

私が買ったのはこちらの商品
滝沢製作所 最高級 替刃式鰹節削り器 匠(替刃付)
外装は透明ウレタン塗料で塗装済み。58mmの大型タイプで写真のようにカツブシを引き出しに入れて保管できる。 カンナ部分は樫、外装は米松でできている。

鰹節
最近鰹節が売っていないので鰹節削りを買うならついでに買っておくといい

 <関連記事>
1.ロクなダシが無いではないか
なぜ電気炊飯の味はぜガスに劣るのか2~秘密は○○○にあった