ホームシアターを作る5~AVアンプの選び方

 ホームオーディオが廃れてしまった今、メーカはAV&シアターに主軸をシフトしている。消費者にホームシアターを作らせればアンプのほかにもスピーカが一度にたくさん売れるからだ。ところが5.1ch用のスピーカセットはコストを削った手抜き商品ばかりでロクなものがない。3万円程度のAVアンプにこのような手抜きSPを組み合わせてみても満足いくシステムができるはずがない。

 最近のテレビ内臓スピーカの音は悪い。ホームシアターを始めるきっかけがここにある。

 「AVアンプとスピーカーを追加しよう」と思い立った人は、「どうせならホームシアターまで発展させよう」と考える。ここが試行錯誤の始まりだ。

 

chあたり出力とサイズに注目する

 AVアンプを見渡すと大きい商品が多い。サイズ(特に高さ)が昔から変わっていない。チャンネルが多い事情もあろうが、100W/chを超える出力はどんな負荷を想定しているのだろう。自社のSPがよほど能率が悪いのだろうか。

 本当のニーズは、大出力のバカでかい商品ではなく、小出力&普通サイズにあるのではないか。これに高能率SRスピーカーを組み合わせることが、映画館に近い音を出す一番の近道に違いない。

 このようなコンセプトの商品にヤマハRX-Sシリーズがある。作りも手抜きがなく私などが見ても満足行く仕上りになっている。メーカもRX-Sシリーズのような小型の商品を少数投入して市場の反応を伺っているようなので、それを応援したい。

 

AV機器は「目立たない」ことが大切

 ホームシアターでは鑑賞画面以外、見えないのが理想。アンプなどの機器類は目立たないことが求められる。
 そのためイルミなどの明るさの調整機能は必須で、完全消灯できるものがベスト。パネルの色は「黒」以外ありえない

 シルバーやシャンパンゴールドの筐体に消灯できないイルミをもつAVアンプは、何に使うことを想定して計画されたのか理解不能だ。

 

デジタルアンプがベストだが・・

 多チャンネルのAVアンプでは省電力が課題。デジタルアンプ(Class Dアンプ)はこれを解決できるベストな手段だが、現在デジタルAVアンプを作るメーカーはパイオニアなど少数。

 昔はパナソニックやシャープなどが作っていたが、今は消滅している。おそらく売れなかったのだろう。売れなかった原因について、私はシルバーの外装を使い薄くしすぎた為と見ている。

 

小出力&小型AVアンプの実例

 ヤマハRX-S600。サイズは43.5×11.1cm。厚すぎず、薄すぎず、見た目のバランスがいい。
 定格出力は60W/ch(6Ω)。能率の高いスピーカーと組み合わせれば30W/chでも十分。

 ホームシアターを映画館に近づける一番の近道は、映画館と同じ、能率の高いスピーカーを使うこと。

 

DSC00175 RX-S600の裏面。沢山のコネクタや端子類が無理なく配置されている。高さ11cmは合理的なAVアンプの一つの解といえる。

 端子はすべて、コンタクトオイル(Rational003)を塗り、防塵キャップと養生用テープで処置。これで新品のコンディションを製品寿命まで維持できる。

 

 

 

<関連商品>
ヤマハのAVアンプ
パイオニアのAVアンプ デジタルAVアンプを作る数少ないメーカーです

<関連記事>
ホームシアター
掃除機の関連記事