屋外の電線・塩ビホースの劣化対策、動物の咬害防止の決め手はこれだ!

ホームセンターで売られている散水ホースを屋外に放置するとホースに亀裂が入ったり、樹脂部品が破損(レバー部分が多い)して買い替えになる。散水用品は多くの物干しグッズ同様、数年で寿命を迎えて買い替え需要を喚起する設計だ。
これとは別に、動物に電線やホースをかじられて即座にダメになることがある。高価な電気機器でこれをやられるとたまったものではない。

DSC003882 DSC004077

左は同じ散水ホースを劣化の少ない部分と比較している。下のホースに退色と亀裂がみられる。右はウサギにかじられたホース。電線も同じようにかじられることが多く大変危険。

 

 ホースが劣化する要因は紫外線なので、カバーを被せると長持ちする。この用途に手ごろなカバーに、コルゲートチューブとエアコン用のドレンチューブがある。この2つを用途に応じて使い分ける。
 コルゲートチューブはスリットが入っているので後から被せることができる。入れ方にコツがあり、下の動画を参考にしてほしい。材質がPPなので耐候性はやや劣る。
 エアコンのドレンホースには耐候グレードがある。スリットがなく水が入ると抜けないのでU字型になる使い方は避ける必要がある。

 DSC003974 DSC003842

左は散水ホースにコルゲートチューブを付けたところ。チューブは屋外使用を想定しているMonotaRO製。端部を耐候グレードのインシュロックで縛る。右はドレンホースの施工例。周囲の色に合わせて使い分けると違和感のない仕上がりにできる。

 

 

先端を送るようにして嵌めるのがコツ。摩擦で入れにくい場合はサラダオイルを薄く塗るとよい。チューブはスリットと反対側に曲げると開くので、残りはこの方法で入れていく。

 

コルゲートチューブは薄いため動物の歯が貫通する場合がある。咬害防止を強化するには不乾性パテとラー油を混練したものを作ってチューブの溝に塗り込んでおく。

DSC003891 DSC003941

ラー油とパテは油同士のためよく混ざる。溝に塗り込むのでこすれや薬剤成分の漏出に強く長寿命が期待できる(皮膚の弱い人は手袋をして作業ください)
 屋内の場合は塗りこんだ後、表面をよく拭いて溝だけに残せば周囲が汚れない(同じラー油をしみこませた布で拭いたのちカラ拭きするか、ペイント薄め液を使うときれいに取れる)

見た目が大事な場所ではアルミかステンレスのネットをまいてステンレスの針金でぐるぐる縛る。耐候性の改善にはならないので日の当たらない場所に限定される。

DSC003833

 

さらに耐候性を高めるにはジックリッチ(亜鉛めっき)塗料を上塗りするとよい。元々屋外防錆用に作られた塗料だが、紫外線を反射する性質を利用してプラスチックの耐候性向上にも役立つ。色調も改善され見た目もよくなる。亜鉛は酸化しても効果が持続する(肌用のUVカットにも使われている)ため効果は半永久に近い。咬害防止が必要なければホースにも直接塗装できる。

DSC004056

<関連商品>
コルゲートチューブ 内径に注意して選ぶ。MonotaRO印がお勧め
ドレンホース
インシュロック ドレンホースとインシュロックは必ず耐候グレードを使ってください
ネオシールB-3 高性能な不乾性パテ。類似品に注意してください
亜鉛めっき塗料 元々防錆用ですがプラスチックの劣化防止にも有効です

<関連記事>
壊れにくい物干しグッズ
シリコンカートリッジの乾燥を防ぐ
自転車を長持ちさせる~ジンクリッチ塗装は有効か

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です