中華まんの蒸し方~究極の蒸し方はこれだ!

 多くの人が好む中華まんの仕上がりは「ふわふわ」。同じふわふわでも、含まれる水分の量によって食感に違いが出る。パンのような乾燥に近いふわふわから、コンビニの中華まんのように、水分を沢山含んだ「しっとりふわふわ」まである。
 好みもあるが、私はコンビニの「しっとりふわふわ」が一番おいしく感じられる。そこで、この「しっとりふわふわ」を家庭で実現できないか、実験してみた。

 それと、家庭で中華まんを調理するとあまり美味しくない。電子レンジを使った調理法が多く紹介されているが、実際やってみるとうまくいかない。確かに、表面は美味しそうだが、中身は乾いたパンのようにパサパサ。なぜ電子レンジでうまくいかないのか。今回、この謎も解明したのでご紹介する。


 写真はコンビニ(ファミリーマート)の肉まん。製造元は裏紙によると井村屋。重さ107g。皮の中まで「しっとりふわふわ」の食感は中華まんスチーマーで実現される。中華まんスチーマーの仕様は、73±3℃、湿度100%、蒸し時間40分[1]

 

 実際に中華まんスチーマーを運用しているファミリーマートのオペレーションは、「冷凍」された食材をスチーマーに入れて1時間後に販売開始、開始から6時間で破棄だった。 時間をかけて皮の奥深く水分を浸透させることで独特の「しっとりふわふわ感」を実現しているようだ。但し4時間を過ぎると水分を含みすぎて水っぽくなる。

 


 

中華まんの蒸し方

実験方法

実験結果

結論 手取早く結果だけ見たい人はこちら

蒸し器はどれがいいか

 

<参考購入先>
蒸し器
中華まん

<関連記事>
鍋の選び方

 


中華まんの蒸し方

 併記している容器”L”は鍋の容積ではなく、調理時に蒸気が充満できる体積(蒸し容積)。

 

普通に蒸す

  左は蒸し鍋(GEO-25M 25cm、6L )。この鍋は普通の平鍋に、穴開き鍋を乗せた二段構造。この構造を多段にしたものが「せいろ」。
 

 

 こちらは味噌汁などを作るときに使う18cm片手鍋(1.8L)に蒸し器を入れたもの。少量蒸すときに便利。鍋の蓋はドーム型で蒸気穴の無いタイプがお勧め。

 

 

圧力鍋で蒸す

 圧力鍋(パール金属H-3553 , 4L)。最大100kPa(120℃前後)の高温で調理できる。

 

 

電子レンジで蒸す

井村屋レシピ

 井村屋の包装に記載されている方法。中華まんラップでくるんで電子レンジで加熱する。加熱が終わったらそのまま1~2分放置したのちラップを開放する。

 ラップの代わりに濡らしたキッチンペーパーで覆う方法がクックパッドで紹介されている。

 

マグカップ上乗せ

 ネットで話題になった、水を入れたマグカップの上に置きレンジで加熱する方法。水蒸気が食材に浸透しやすいよう、底紙を取ってみた。

 

中華まんあたため

 スチームレンジのプリセットプログラム(中華まんあたため)を使う方法。写真は日立のスチーム機能つき電子レンジ(ヘルシーシェフ MRO-LS8)。

 

レンジ専用蒸し器(山研産業 SP1243)

 オールプラスチック製の蒸し器。「少量の水を入れて電子レンジで加熱することで蒸し調理できる」という。

 

 


実験方法

 上に書いた「普通で蒸す」「圧力鍋で蒸す」「電子レンジで蒸す」について実験した。

 

しっとり感を評価する方法

 問題の食感(しっとり感)どうしたら把握できるか。これについて、次のように考えた。

 しっとり感が外皮に含まれる水分に関係する。とすれば、この水分量を測ればしっとり感を定量化できる。水分を直接測るのは難しいが、重さの変化から追加された水の量を簡単に把握できる。

 具体的には以下の計算式で評価した。

 重量変化(%)=100×調理後の重さ/調理前の重さ

 調理前から重量が増えていればその分、水を吸ったことになり、減っている場合は乾燥したことになる。
 写真は井村屋ゴールドあんまんの重さを測っている様子。

 

 

蒸し時間

  曖昧だといけないので、次のように定めた。

 ・蒸気を使う場合:十分沸騰してから食材を入れ、蓋をかぶせたところで時間カウントをスタート。
 ・圧力鍋の場合:設定圧に達してから(蓋がロックしてから)時間カウントをスタート。

 

食材

 

 スーパーやデパートで普通に手に入るものを用意した。
 写真左はスーパーなどで広く流通している井村屋の「冷蔵」商品。最もローコストな商品で調理前66.5g 前後。コンビニの商品に比べ具材が少なく、皮も薄い。
 井村屋にはゴールドシリーズがあり、こちらの重さは調理前88g 前後。
 右は「冷凍」商品。王将の豚まん。調理前77g 前後。

 

食材の温度

 写真の接触式温度センサー(A&D AD-5605C)を使用して測定した。

 

 


実験結果

 

普通に蒸した場合の結果

 食材に記載が無いものは井村屋肉まん。調理時の環境は20℃、20~30%RH、食材温度6℃(以下共通)。IHの火力は300W=弱火、750W=中火相当。100kPaと書かれたものは圧力鍋。容積”L”は鍋の容積ではなく、調理時に蒸気が充満できる体積(蒸し容積)。

  これらの実験から、わかったことをまとめると次のようだ。

1.水分量は、蒸気が食材に衝突&吸収されることで増える
 重量は火力に比例し、蒸し容積に反比例する。このことから、食材の重量(水分)の増加が蒸気の衝突&吸収によって起きていると推察できる。
 同じ火力のとき、容器が小さいほど重さが増えるのは、食材と衝突する蒸気が多くなる為。
 10%以上重量が増えれば「ふわふわ」になって美味しく食べられる。15%前後で「しっとりふわふわ」、20%を超えると「水っぽく」なった。

2.火力が足りないと重さが増えない
 蒸気を当て続ければ食材がどんどんそれを吸って重さが増える・・ではなかった。
 食材も加熱されて水分が蒸発しようとするから、蒸気が少ないと水分の供給と蒸発が平衡してしまい、時間をかけても水分が増えなくなる

3.冷凍からスタートすると大幅に重さが増える(場合がある)
 これは、解凍が進む過程で結露して出来た水を取り込んでいく為と見られる。冷蔵の食材もいったん冷凍することで同じ結果を得る。
 増える水分量は食材(皮の構造)によって異なるようで、井村屋ゴールドは冷凍スタートしても冷蔵とあまり変わらない結果だった。

4.蒸し時間は10~15分(冷凍はプラス5分)が目安
 中華まんをおいしく食べられる温度は80℃前後。必要火力の条件では67gの肉まんでは10分、井村屋ゴールド(88g)の場合は15分。冷凍スタートの場合はプラス5分でこの温度を満足することがわかった。

5.圧力鍋を使うメリットはない
 圧力鍋は煮物料理で時間短縮に役立っている。温度上昇が早く5分で100℃に達するが、早すぎて重量の増加が追いついていかない。蒸し調理で圧力鍋を使うメリットはないと考えていい。

6.蒸し調理では、容積に応じた火力が必要
 蒸し調理は蒸気を当てれば良いというものではなく、ある程度の密度が必要
 蒸し器の容積に対し火力が足りないと、

 蒸気の密度が薄くなり
→食材と蒸気の衝突が減り(水分供給が減り)
→加熱による水分の蒸発と平衡してしまい
→重量が増えも減りもしない

 結果になる。食材の水分が増えていくために必要な蒸気密度が得られる火力を実験的に求めた。これをグラフ4に示す。蒸し調理では、必ずこの線より上の条件で調理する必要がある。

グラフ4 蒸し容積と必要火力の関係

  蒸し器は必要最小の大きさのものを使うことが、少ない調理コスト(火力)で調理するためのコツだ。

 

 

電子レンジで蒸した場合の結果

表1 電子レンジで調理した結果

 多くのケースで重量変化がマイナス(乾燥)になっている。これは加熱によって水分が逃げた結果にほかならない。
 スチームレンジやレンジ専用蒸し器を使っても乾燥するだけだった。上で書いたように、蒸気で水分を増やすためには多くの蒸気を衝突させる必要がある。スチームレンジやレンジ専用蒸し器で乾燥してしまうのは、これらの器具で発生する蒸気が全く足らない為だ。

 レンジ調理ではラップなどでくるんで水分の蒸散を防ぎつつ短時間で加熱を終わらせるのがベストであり、これが井村屋の包装紙に記載されたやり方だ(最後に1~2分放置するのは、蒸発した水分を食材に戻す為とみられる)。

 表1には重量が増えたケースが一つだけある。塗らしたペーパーでくるんだ結果だが、これはペーパーの水が食材に付いて濡れただけと見られる。

 

 水を入れたマグカップの上に乗せたものと、すぐ横に置いたものとの結果は同じ。マグカップの出口を塞いでいる底紙を取っても変わらない。
 レンジ調理では時間をかければかけるほど、乾燥が進んで食材が縮んでいくので、出来るだけ短時間で終わらせるのがコツだ。

 

 レンジで蒸し調理は無理なのか・・食材が加熱されないよう、マイクロ波のシールドを作って実験してみたが結果は失敗。

 庫内のシールドはアースしないと危ないうえ効果も少ない。素直に鍋で蒸したほうがずっと簡単だ。

 

 


結論-究極レシピはこれだ

  多くの実験結果から導き出したレシピはとっても簡単だ。グラフ4(下に再掲)を参考に使う鍋の大きさ(蒸し容積)に合った火力を使い、10分以上蒸せばよい。

 蒸し時間は食材の重さによって違ってくる。10分というのは井村屋の一番ローコストな商品(67g)の場合。
 井村屋ゴールド(88g)の場合は15分必要。

 冷凍からスタートした場合はプラス5分する。冷凍から始めた方が水分を多く含み「しっとりふわふわ」にしやすい。

グラフ4 蒸し容積と必要火力の関係(再掲)

 グラフの横軸は調理時に蒸気が充満できる容積。必ずこの線より上の条件で調理する。火力WはIHの数字。300W=弱火、750W=中火相当になる。蒸し器は小さいほど少ない火力済む。

 水の消費量は300Wで50cc、900Wで200cc (蒸気穴なし蓋を使った場合)。容器や蓋によって違うので、少なくともこの1.5倍以上の水を入れ空焚きにならないよう注意してほしい。

 

 水分をたっぷり含み皮の内部までしっとりふわふわの肉まん。家庭でこれだけの品質が得られれば満足だろう。

 
 

 

蒸し器はどれがいいか

  

 写真は万能蒸し器。大きな違いは中央の支柱の有無。真ん中に支柱があると邪魔なので無いタイプが望ましい。奥はアマゾンで見つけた中央に支柱がないタイプ(矢部製作所 H-623)。底面がメッシュ(18-8ステンレス)になっている。仕上がりの品質に差はない。

 

 以前紹介したGEO-25M。沢山の食材を一度に蒸せる。
 広い蒸し器に1個ではほとんどの蒸気が食材と接触せず排出されてしまう。蒸す分に必要な最小サイズの鍋を選ぶことが大切だ。

 

 

<参考購入先>
蒸し器
中華まん

<関連記事>
鍋の選び方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です