静かなタイヤの選び方~レグノを超える究極の静音タイヤはこれだ!

 そろそろ5年になるフィットのタイヤを交換した。私が選んだタイヤはREGNO GR-XI 175/65R15。REGNOは多くの先端技術を結集して作られたこの世で最も静かなタイヤの一つだ。最近は軽自動車までカバーするラインナップを展開している。

 

 

タイヤのレビューは参考になるか

 「タイヤを換えたら、燃費や乗り心地がこう変わりました」そんなレビューがたくさんある。タイヤの特性は空気圧、路面の状況、磨耗度合い、温度の影響を受ける。タイヤを交換すると、これらのいくつかが同時に変わってしまう。空気圧が1割違えば別物。何の変化を体感したのか全くわからなくなる。こういった条件を押さえていないレビューはあまり参考にならない。

 

レグノの商品価値

 「静かなタイヤが欲しい」このニーズの裏には、

「同乗している人の声や、音楽やラジオの音声が聞き取りにくい」

といった不満がある。

タイヤに起因するノイズは大きく分けて「パターンノイズ」「ロードノイズ」がある。ダンロップはこれに「空洞共鳴」を加えた。この中で、上記不満に一番関係するのが「ロードノイズ」だ。従い、タイヤ選びではロードノイズ低減のためにどんな施策をとっているか、チェックすることが重要になる。

 ロードノイズを減らすためには、トレッド部のゴムを柔らくするしかない。レグノではこの部分にかなり柔らかいゴムを使っている(他のタイヤと触って比べるとわかります)。これにより静音化が難しいロードノイズをある程度抑えることに成功している。

 ゴムを柔らかくすると、燃費が悪化し減りも早くなる。そこはシリカ(ゴムの性能をアップする材料)でカバーしているようだ。レグノにはいろんな能書きがあるが、この商品の本質は、シリカを贅沢に使った柔らかいゴムにあるようだ。

 シリカを沢山入れるとコストが高くなる。その分、販売価格も割高。不自然な二重価格が見られるが、ネットではわりと妥当な値段で売られている。興味ある人は、後ろのリンク(アマゾンの価格、関連記事など)を一度みてほしい。

 ダンロップはタイヤの空洞共鳴を抑えるための吸音スポンジを入れた商品を展開している。継ぎ目や段差を超えたとき出る音に効果があるというが、お客様のメリットにどう繋がるのか疑問だ。

 

ロードノイズが圧倒的に小さいスタッドレス

 トレッド部に柔らかいスポンジゴムを使ったスタッドレスのロードノイズは究極的に低いと考えられる。しかしロードノイズを減らす目的でスタッドレスを履いている人は、おそらくいまい。ほとんどの人が雪のシーズンが終わったところで、さっさと夏タイヤに履き替えてしまう。

 それと、スタッドレスは騒音低減を目的に作られていない。ロードノイズが小さくても、パターンノイズまで静かとは限らない。常用するには柔らかすぎるのも問題だ。

 燃費と減りの速さに少し目を瞑れば、究極的に静かなタイヤを作れる。でもスタッドレスは柔らかすぎる。スタッドレスとサマー(通常)タイヤの中間のタイヤはないものか・・私のように5年過ぎて溝を半分以上余らせる人にとって、魅力的な選択肢だ。しかし残念ながら、このセグメントで計画された商品は存在しないようだ。

 

タイヤはいつ交換すべきか

 クルマを10年乗ると仮定すれば、中間の5年目が交換の目安になる。「まだ溝が残っているし勿体ない」そう思うかもしれないが、交換したほうがよい。年数が経ち性能が落ちたタイヤをそのまま履き続けて8年後に交換し、10年後の買い替えでクルマごと持っていかれるのだったら、5年目に新品にしておいたほうが利得が高い。

 タイヤの溝が3年未満で無くなってしまう人は、溝持ちを優先してゴムの硬いタイヤを選び、10年後のクルマ買い替えまでタイヤ交換を3回に抑えたい。この場合、騒音は諦めるしかないが、燃費では有利になる。

 写真はレグノに交換する前のタイヤ。新車装着タイヤでもうすぐ5年になる。ヒビ割れが目立つが、タイヤは多層構造になっているのでこのような表面的なヒビ割れは問題ない。バーストするとか不安を煽るセールスに注意したい。

 

 

<参考購入先>
ブリヂストン レグノ 静かなタイヤの決定版です
スタッドレスタイヤ
オールシーズンタイヤ サマータイヤのブロックを大きくしたもので、ゴムが柔らかいわけではないようです

<関連記事>
タイヤ交換はどこがいいか ネットで安く買う方法をアドバイスします
ブリヂストン レグノER50 1998年のレビューです

<参考文献>
ブリヂストン レグノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です