ブラインドテストの落とし穴~アンプ、ケーブルの比較はすべて間違っていた!

 雑誌の比較視聴記事や、それを模倣したマニアの視聴リポートは、実験方法や評価の仕方に問題があって、本当にその音の変化を評価しているとは言い難いものが多い。具体的にどんな問題があって、どうしてダメなのか。今回はこれについて、少し詳しくご説明する。

 

スピーカーケーブル比較の問題点

 スピーカーケーブルを変えるとダンピングファクタ(DF)が変わる。DFは、次式で表される。

DF=Rs/(R0+R1)              (1)

Rs:スピーカの公称インピーダンス、R0:アンプの出力インピーダンス、R1:ケーブルのインピーダンス

 

dfctorgh

ダンピングファクターと周波数特性の変化
出典: 「強くなる!スピーカ&エンクロージャー百科」誠文堂(1980) P38

 グラフはDFによるスピーカの特性変動を示した物。DFによって周波数特性に大きな変化を生じる事がわかる。DFが10を超えると変化が少なくなるが、耳のいい人は過渡応答の違いを聞き分けるかもしれない。

 分母のR0とR1はどちらもミリオームオーダだから、ケーブルの音の違いを正確に知るためには、DFを一定にするためにケーブルの抵抗値R1を揃える必用があることがわかる。

 

 大抵の人はことのことを知らないから、スピーカーケーブルの違いはブラインドテストで明確になると考え、太さが違うケーブルを「同じ長さ」に切りそろえて、取っ替え引っ替え比較視聴を行い、

 

「これこそが、スピーカケーブルによる音の変化である」

「ケーブルで音が変わることを実証した」

 

と勘違いしてしまう。極端に太さが違うケーブルを「同じ長さ」に切りそろえて比較すれば、差が出るのは当たり前のこと。それはもちろん、ケーブルの音の差などではない。

 

ブラインドテストの問題点

 ブラインドテストを試みる人の多くが、実験にならない実験をしているようだ。

 アンプ、電源コード、ハンダ、トランスポートを取っ替え引っ替えテストすると、統計的に「有意差」が見つかることがある。この結果から、

「オーディオは、何をやっても、音が変わるんだ」

という結論を出してしまう。

 そんな人たちに、「計測でわからないものが、なぜ聴感でわかるのか?」と質問すれば、「未だ解明されていない、未知な部分があるんだ」ということにして考えるのをやめてしまう。

 

「オーディオは、何をやっても、音が変わる」理由

 例えば、ピンケーブルを変えて、音が変わったという統計的な結果を得たとする。しかしそれは、ピンケーブルの音の差ではない可能性が高い。なぜかというと、「ピンケーブルを変える」という操作をすると、別のものが同時に変わってしまうため。

 この「別のもの」とは何だろう。それを理解するにはまず、比較試聴で聴く音が次の3つの総和になることを知る必要がある。

 

人間が聞く音=主観(心理的変動分)+ 物理的変動分 + 実際の変化     (2)

 

私たちが知りたいのは「実際の変化」。ブラインドテストは「主観」を排除するが、「物理的変動分」については排除できない。これが「別のもの」の正体だ。この中身には次がある。

1.出力感度(音量)の変化
2.試聴点までの伝達特性の変化
3.スピーカの特性変化
4.接触抵抗の変化(ケーブル類の場合)
5.直流抵抗の変化(ケーブル類の場合)

 

出力感度(音量)の変化を無くす

 出力感度(同じソースを再生した時の耳に届く音量)は機器によって違う。チェンジのたびに校正信号を使って試聴点の音圧を正確に校正しなければならない。ボリウムにギャングエラーがある場合はこれも調整して排除しなければらなない。

試聴点までの伝達特性の変化を無くす

 人間の存在が伝達特性を乱す。そこで自分はできるだけ吸音効果の高い服を着て、動けないよう椅子に拘束バンドで固定する。友人にチェンジをお願いして作業が終わったら部屋から退出してもらう。テスト中は頭を1センチたりとも動かしてはならない。

スピーカなど機器の特性変化をなくす

 スピーカーの特性(f0、Qなど)が温度によって変わる[3]。アンプやケーブルの特性も温度の影響を受ける。これらの影響を無くすために、チェンジごとに十分な時間の「慣らし運転」が必要になる。

接触抵抗の変化と直流抵抗の変化を無くす

 ケーブル類は抵抗値を精密に測って長さを調整する。端子にはハンダ付けするか、コンタクトオイル(Rational003など)を使うなどして接触抵抗を十分小さくする(ケーブル抵抗の2桁以下)に管理しなければならない

 

 このように考えると、聴感で評価するための実験環境を整えることが困難なことがわかる。ブラインドテストによって先入観を廃しても、有意な実験をすること自体、かなり難しい。

 

「試聴」でまともな評価は出来ない

 音楽ソースを使って人間が聴感で判断するという評価方法は、最も「曖昧」で、「不正確」で、「信頼性の低い」方法といえる。だいたい、耳や頭の形が個人で違うから、鼓膜に同じ音が届いていない。

 上の式2で、主観と物理的変動分の2つを取り除いたら、「実際の変化」が見えるだろうか。電源コード、ハンダ、トランスポートの実際の変化は、とても人間が知覚できるとは思えない。

 結局、音の違いを知るためのテストは、計測器とテスト信号を用いるやり方が一番正確だ。計測で変化が認められなければ、「未だ解明されていない」「未知な部分の影響」ではなくて、「聴感においても変化がないことの証」にほかならない。

 

アンプやスピーカーケーブルの音は存在するか

 アンプやスピーカーケーブルでは物理的変動分の大きな要因としてDFがある。ところが、スピーカケーブルやアンプを比較するためにDFを意識して抵抗値を揃えた例を見ない。

 従い、従来実施されきたこれらの音の比較視聴は、単にDFの違いを聴いていたに過ぎないと考える。

 DFを一定にして(抵抗値を揃えて)ブラインドテストすれば、「アンプやケーブルに固有の音」などというものが存在しないことを証明できるかもしれない[1][2]

 

真空管アンプの音のカラクリはこうだ

 真空管アンプのDFは一般に10以下だから、グラフ1から真空管アンプは低出力の割に低音が良く出て、響きが多い(過渡応答の悪い)音と予測できる。これは一般に言われている真空管アンプの音の傾向と一致する。

 「真空管アンプは、トランジスタアンプより10倍の駆動力がある」などという論評があるが、このような性質を理屈を知らない人が解釈した結果だろう。

 半導体アンプに細いケーブルを組み合わせれば(DFを落とせば)、真空管アンプそっくりの音が、ずっと低歪で再現できるに違いない。

 

ブラインドテストで評価できるのはスピーカーだけ

 結局、聴感でわかる差が出る機器はスピーカーくらいだと考える。他の機器の「実際の変化」は微妙で、物理的変動分の中に埋もれてしまって見えない可能性が高い。

 

<関連商品>
ブラインドテスト関連書籍一覧
DENON オーディオチェックCD デジタルで波形が記録された信頼できる音源CD。ゲイン校正に役立ちます
デジタルマルチメーター ゲイン校正に役立つ測定器。ブラインドテストするなら最低これくらいの準備はしましょう

<関連記事>
1.ケーブルの音などというものは存在しない~スピーカーケーブルの選び方
2.アンプの音などというものは存在しない~オーディオアンプの選び方
3.BOSEの音はなぜガサツなのか!?~11.5cmフルレンジの秘密に迫る