知られざるハイパワーターボ車のストレス~軽に後れを取るインプレッサSTiの実態

 インプレッサのSTiに試乗[1]して、高圧縮ターボの問題を再認識した。

 ターボエンジンはだいたい排気量1L増しに相当するピークパワーが得られるが、その代わり低回転トルクが細る。これは、エンジンの圧縮比が低く、マフラーのヌケを良くしているため。

 この傾向は小排気量で馬力を稼いでいるものほど強く、ブーストが効かない低回転では、NAと違ってアクセルを踏み足してもほとんど反応しない。

 

 ハイパワー車を所有する人が日常で感じる優越感といえば、信号スタートの余裕ではないだろうか。チョッとアクセルを踏んだだけで加速し余裕で前に出る。後ろのクルマから「おおッ、さすがにスポーツカーは速くてカッコイイな」そんな印象を持たれるはずだ。

 ところが、ハイパワーターボ車を買うとその逆になってしまうケースが多い。

 私は過去、R32スカイライン GTS-tに乗っていたが、低回転トルクが細いクルマだった[2]。信号スタートで普通に発進した時の出足が遅く、1.5Lクラスの乗用車はおろか、軽にも遅れをとる有様だった。

 R32スカイラインの信号スタートで他車より前に出るには、あらかじめ回転を上げておいてクラッチをつなぐか、踏み込みを通常より多くしなければならなかった。

 

 結局ターボの利点が生きるのは、高速道路など速度(回転)を落とさずに走れる場合であり、この場合は確かにターボが付いていると速いし気持ちがいい。しかし、ゴーストップの多い町中を走る場合はターボのデメリットが目立ち、より排気量の小さい、価格の安い車に置いて行かれるばかりになる。

 結局、公道を走ることを前提にすると、絶対的なパワーやトルクよりも、低速トルクが太い方が乗りやすく、発進加速に優れ、満足を得やすい。

 高回転でパワーを発揮するエンジン、例えば小排気量のVTECやターボは、回せば確かに気持ちが良いが、燃費や騒音のことを考えると、のべつ高回転を使うわけにはいかないのが現実だ。

 回すことでパワーを発揮するエンジンは、「回さないと真価を発揮できないエンジン」と言い換えることが出来、そのほうが実態に合っている。

 

 大枚はたいてインプレッサSTiを買った人は、次のように思っていることだろう。

「自分の車は速いんだぞ」「すごいポテンシャルを持っているんだぞ」

それは確かだが、常用回転域が非力で、軽にも遅れをとるのでは、不満が募るばかりではないだろうか。

 

<参考購入先>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

<関連記事>
1.試乗記~富士重工 NewインプレッサWRX STi(GH-GDB) 6MT
2.私のクルマ~R32 SKYLINE GTS-t TypeM