もう張替え??~長持ちする壁クロスの選び方

 壁クロスの材料は大きく分けてビニール(塩化ビニール、通称塩ビ)、オレフィン、紙の3つがある。もっとも広く使われているビニールクロスは環境問題が指摘されているが、私は将来必ず「張替え」が必要になる事の方が気になる。

 ビニールクロスは時間がたつとボロボロになってしまう。なぜそうなるのか。

 それは、可塑剤を含むため。これは塩化ビニールを柔らかくするために添加剤で、時間がたつと別の素材に移行したり蒸発する[1]などして徐々に消失する。この添加剤には、ほかにも塗装をできなくする弊害もある(塗ると可塑剤が塗料に移行してベタベタになる)。

 

 壁クロスにビニールを使うと必ず張り替えが必要になるが、オレフィン、紙は可塑剤を含まないためこのような問題が起こらない。他のメリット、デメリットを含め比較表を作ってみた。

 

表1.壁クロスの素材比較表

クロス素材 質感 寿命 汚れ キズ 塗装 補修
ビニール × 不可 容易
ビニール(ハード) × 不可 容易
オレフィン × × 容易
× × やや難
紙(耐汚染) × 容易

 ビニールクロスは汚れやキズに強い(柔らかく自己復帰する)が、寿命が短い欠点がある。

 オレフィン、紙クロスは劣化しない代わり、汚れやすく、材料が弱くキズ付きやすい欠点がある。汚れについては、耐汚染タイプを選べばある程度改善する。

 

私が選んだクロス

 我が家では新築の際、耐汚染タイプの紙クロス(東リ・エコウォール WEN7201,7312)を選んだ。

 表面に汚染防止シートが貼ってある。少しツヤがあるため紙より質感が劣るが、マジックやクレヨンで落書はペイント薄め液(灯油)で落ちる。糊が染みこまないので、部分補修も容易。

 しかし、押すと簡単に織目がつぶれて凹むなど、弱い面がある。

 

10年後の様子(2018年目8月追加)

 

 東リ・エコウォール(10年目)。直射日光が当たるところも日焼けなどなく、新築時と変わらない。

 しかし、水滴がつく場所は写真のようなシミができることがわかった。これは下地の糊やパテが原因とみられる。

 

 

 紙クロスは塗装できるので変色した部分の補修ができる。

 写真は自作の補修用塗料。背後はこれで補修した部分。

 白、黄色、茶色、フラットベースの混合比を調整することでまったく同じ色を作れる。これで張替えが塗装(部分補修)で済む。

 塗料はホビー用のエナメル塗料(Mr.カラー)を使用。塗り方は携帯型エアーブラシで吹き付け。

 

DSC03407 紙クロスの水周りは必ずメラミン化粧版でガードする。

 写真はクロスと同色のアイカ セラールを付けた例だが、高さがちょっと足りなかった。蛇口まわりは少なくとも周辺30cmのガードが必要なことがわかった。

 

 

 トイレの水栓とタオル周辺は水滴がかかりやすい。写真は塗装による補修済みだが、補修前はシミだらけ。

 こういう場所は蛇口周からタオルにかけての周辺を全部メラミン化粧板を貼ったほうがよい。

 

 

 

結局こうだった、壁クロス選びの注意点

 私の選んだエコウォール WEN72**番台は、2018年現在、廃版になっていて入手できない(代替品もなし)。

 素材が長持ちするといってもモノがなくなると結局張替えになってしまう。これは壁紙に限らず、外壁材など住宅建材に共通して言える。

 壁クロス選びでは、長く作られているベーシックな品番から選ぶことが第一に重要だ。クロスにはいろんな模様があるが、使う種類をできるだけ統一することも大切である(我が家ではトイレ、洗面にWEN7312、他は全てWEN7201とした)。

 クロスを貼った際は、補修用に余りを(できれば1巻余分に)もらっておく。これがあると無いのとでは、補修の難度がずいぶん違う。同じものが無くて似たようなものを部分的に貼ると、結局そこが目立つ結果になる。

 

 

<参考購入先>
壁クロス補修材 ビニールクロスは補修しても結局張替えになるので意味ないかもしれません
かべシール オフホワイト
クロスの継ぎ目を埋めるためにベストマッチマッチするシール材です

<関連記事>
1.可塑化塩ビフィルムからの可塑剤の揮散 https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/33/6/33_6_435/_pdf/-char/ja