普通車から軽やハイブリッドに乗り換えるのはトクか

 経済的な理由から、普通車から軽やハイブリッドに乗り換える人が増えているという。

 維持費は確かに安くなるが、新たにクルマを買えばお金(イニシャルコスト)がかかる。問題は、何年でこの出費をペイして経済効果が出てくるか、という点。買い替えたはいいが、10年でトントンになったのでは乗り換えた意味がない。

 そこで、よくありそうな条件を仮定して、これを計算してみた。

 

 下の表は、2種類の普通車(1.5L、2.5L)から軽に乗り換えた場合のイニシャルコストの償却年数(トントンになる年数)をそれぞれ計算したもの。

表1 償却年数の例keihi

注:この計算には「任意保険(車両保険)」が入っていない。普通車に5年も乗っていれば軽と大きな開きはないと考えた。

 この表から以下のことがわかった。

 

1.5Lの普通車から軽に乗り換えるメリットはない

 1.5Lクラスは諸経費の差額が年間5万程度しかなく、償却に20年もかかってしまう。このクラスに乗っている人は、そのまま壊れるまで乗り続けるのが良いことがわかる。

 

2.5L普通車からの乗り換えは微妙

 維持費が半分以下になり、毎月の出費が減るが、償却に5年もかかる。経済効果を優先して軽に落とすか、いまのクルマをそのまま10年まで乗り続けるか、よく考えた方が良さそうだ。

 ちなみに、年間走行距離を6千キロ以下に仮定すると、償却年数が10年以上になってしまい乗り換えのメリットがなくなる。

 

軽ではなくハイブリッドに乗り換えればオトクか

 ハイブリッドの車両本体価格を軽の2倍とするなら、償却年数が単純に2倍になると考えて差し支えない。少々燃費が良かろうが、自動車税や車検の上昇分もペイできない。つまり、計算するまでもなく論外。乗り換えを検討するなら軽以外にない。

 

最後に

 表1の年間諸経費をみると、どのパターンを選んでも毎月1万円以上かかっている。クルマがいかに金食い虫で、贅沢モノであるかがわかる(実際はこの数字に、さらに任意保険料が加算される)。

 本当に出費を軽くしたいのなら、第一にクルマを買わないこと、第二にクルマを手放すことを検討してほしい。

 また、これからクルマを買う人には、第一に軽、第二に1.5Lクラスのコンパクトをお勧めしたい。

 

<参考購入先>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤