麦茶に塩と〇を入れて熱中症を予防する~スポーツ麦茶誕生!

 夏は熱中症対策に水分の補給が欠かせない。しかしスポーツドリンクばかりではコストもバカにならないし、砂糖が大量に入っていることも気になる。

 我が家では、麦茶に一つまみの塩を入れたものを飲んでいる。入れすぎると味が変わってしまう。子供たちから「まずい!」と苦情が出るので、気づかれない程度に盛って、水筒に入れて持たせている。

 

塩麦茶の改良(2018/5)

 当館で塩麦茶を紹介したのは2013年。当時、「塩麦茶」で検索しても何も出てこなかったことから、麦茶に塩を入れるアイデアをご紹介した。ところが最近、似たような記事が増え「塩むぎ茶」と称する商品も登場した。そこで、新たなアイデアをご紹介したい。

 まずは味の改善。麦茶に少しでも塩を入れると不味くなることが問題だった。これはクエン酸を追加することで改善できる。

 

 水1.5Lに対し、塩0.5g とクエン酸 0.5g 。

 計量が難しいが、写真くらいの量になる。量は上記が標準。多少増減してもよいが、2倍を超えて入れると麦茶でなくなってしまう。

 

 水出しの麦茶パックを使うときは、事前に熱湯300ccに放り込んで10分以上置いてから水で薄める。水では溶け出さないお茶の香りが溶け出して風味が大幅によくなる。

 

 

 クエン酸を追加することで、すっきりした味わいが追加される。塩だけの塩麦茶に比べ断然いい。おそらく誰も飲んだことのない未知の味だと思う。塩が水分の吸収を助け、クエン酸が疲労回復を助けるから機能的にもアップしている。

 何と名付けよう。とりあえず、「クエン酸塩麦茶」「スッキリ塩麦茶」としておく。

 一応麦茶のつもりだが「味が変だぞ!?」と気づかれたら「新しい飲料に替えたんだよ」と言えばいい。少なくとも「まずい!」とは言われないはず。

 

スポーツ麦茶のレシピ(2018/5)

 上で紹介したクエン酸塩麦茶に砂糖を加えるとポカリスエットなどと同類のスポーツ飲料ができる。

 分量は水1.5Lに対し砂糖30g前後。かなり多いが、これでも一般的なスポーツ飲料の半分以下。

 実際作ってみると美味しくて、ガブガブ飲んでしまう。ほのかな苦みを伴う、これまでにない味のスポーツドリンクだ。緑茶やほうじ茶、ハーブティーをベースにすると、また違った味わいの新しい飲み物ができそうだ。

 砂糖が気になる人は、黒糖など他の糖類が使えてもいい。糖分の種類や量を自由に調整できることが、自作のメリットといえる。

 子供には、砂糖が大量に入ったスポーツドリンクの代わりに持たせてやりたい。

 

冷たいものの飲みすぎに注意

 冷房や冷たいもの飲み過ぎに気を付けたい。

 冷房病の原因は室内外の極端な気温差による自律神経の不調とされる。症状は頭痛、関節痛、体がだるいなどの風邪に似た症状のほか、便秘や下痢がある。

 室内と外との温度差を減らす(5℃以上の温度差を作らない)、冷たいものを飲みすぎない、といった点に注意したい。

 

<パクリ記事について>

 ちなみに、クエン酸を加えた麦茶も、砂糖を加えた麦茶も、現時点で検索してヒットしない。今後登場するすべての類似記事は、当館のパクリと考えて差し支えない。

ご注意:クエン酸を添加した塩麦茶と、スポーツ麦茶は当館のオリジナルアイデアです。転載、引用(リライト含む)、商用利用をご希望の方はこちらをご参照ください。広告収入を目的としたアフィリエイトやアドセンスなどが設置される記事は商用利用に該当しますのでご注意ください。

 

 

<関連商品>
麦茶一覧 健康志向のちょっと変わった麦茶です
空調服 屋外活動では必須になってきました

<関連記事>
経験したことの無い快適さ!~サラリーマンが日傘で炎天下を歩く
オレンジーナはなぜ売れているか~国内清涼飲料の問題点