壊れにくい傘(雨傘、メンズ日傘)の選び方~日傘男子は恥ずかしいのか

 傘を失う要因に「破損」「取違い」「置き忘れ」がある。破損しにくい丈夫な傘を選ぶためのポイントと、取違いを防ぐ工夫をご紹介する。

 

傘選びのポイント

 

構造

 観察するポイントは次の4点。図1で色を付けた部分になる。

 1.親骨
 2.受骨
 3.上ろくろ
 4.だぼ

 

傘の各部名称

図1 傘の各部名称 出典:JUPA(日本洋傘進興協議会)

 

 

 「親骨」と「受骨」は耐風強度に関係する。骨が太く、本数が多いものほど丈夫。親骨はグラスファイバーでもよいが、受骨は必ず金属製のものを選ぶ。

 「上ろくろ」は親骨の連結部分に注目。先端が金属で補強されているものが望ましい。

 「だぼ」も金属製がベスト。

 

生地

 構造的に満足いくものが見つかったら、次に生地に注目する。傘の生地は厚手のポリエステルがいい。ナイロンや布は水に弱いので避けたほうが無難。

 

耐風傘について

 単に丈夫だという物から、オチョコ(反り返り、バッコン)しても壊れないというもの、空気の逃げ道が出来て過大な力がかからない構造(ダブルキャノピー)がある。

 オチョコは壊れなくても傘としての役目をなさない。

 耐風傘のお勧めは、傘の機能をできるだけ損なわずにさしていられるダブルキャノピーになる。

 耐風というKWを付けただけの中国製の激安商品に注意したい。

 

修理について

 親骨の曲がりについては補修部品が市販されている。近年これを使って直す人はほとんどいない。傘は曲がったら破棄の使い捨ての消耗品になった。

 


 

実例

 

壊れやすい傘の例

 親骨にグラスファイバーを使った商品は壊れやすい。これは剛性が低く大きく変形するため。これによりろくろとの接合部や、だぼで壊れるケースが多い。

傘の親骨の付根(ろくろとの締結部)が折れた様子 傘の受け骨が風車のようにねじれた様子

 写真は親骨の付根(ろくろとの締結部)がポッキリ折れてしまったグラスファイバーの傘(イオン取扱商品)。この傘は受け骨もグラスファイバーになっていて、風を受けると右の写真のように受け骨が風車のように横曲りして親骨の付根がねじれる。折れたのはこの「ねじれ」が原因。

 開いた傘を床に押しつけ、こういう変形をする商品は壊れやすいので選んではならない。

 

丈夫な傘の例

ろくろの締結部が金属で補強された傘 こちらもグラスファイバーだが、上ろくろと締結する親骨の先端が金属で補強されており、受骨は太い金属製。これだけ立派な作りの傘が980円で売られていた。

2017/8補足
 この傘は10年経った現在も壊れずに現役で活躍している。

 

 

中国製の激安商品について

 アマゾンに千円台で売られている中国製激安商品のほとんどはオモチャ。試しに1600円の折り畳み式ワンタッチ自動開閉傘を買ってみたが、すぐに生地を縛る紐がほつれはじめ、数か月で骨が錆びてボロボロになってしまった。

 似たような商品を多数の出品者が売ってるが、どれも似たようなもの[1]。中国製には手を出さないのが無難だ。

 


 

日傘について

 太陽の直射エネルギーは1kW/m2。地上では路面からの照り返しもあり、夏場のアスファルト路面はまるで電気ストーブに囲まれているかのよう。炎天下に屋外を歩くと命にかかわるようになってきた。そこで、男性にも日傘の利用を提案したい。

 日傘の快適さ一度使えば実感する。炎天下を歩くサラリーマンにとって、メリットの多いアイテムだ。

 

傘の取り違い対策をする

 傘を入手したら取違い対策をしておきたい。選び抜いた傘を誰かに間違えて持っていかれるとショックだ。

 他人が取違いするとは限らない。以前、傘を嫁さんに貸したところ、よく似た別の傘を持ち帰ってきたことがあった。

 これらの事故は柄の部分にわかりやすい目印を付けておくことで防げる。マジックで名前を書くか、ストラップを付けておくとよい。

 

置き忘れの対策

 以前5千円出して買った傘をバスに置き忘れて取りに行ったことがある。

 バス会社の忘れ物置き場に案内してもらったら、大量の傘が山積みされていた。多すぎてとても探しきれない。「好きなもの持ってっていいいよ」と言われたので、適当なものを持ち帰った覚えがある。それ以来、高価な傘を買わなくなった。

 この経験からすると、傘の置忘れは鉄道やバスなどの交通機関で最も多く、財布や上着などと違って後から取り戻すのは難しいようだ。

 置き忘れはある一定の確率で起きるやむを得ないこと。取り戻したくなる金額の傘を買わないことが、対策になる。

 


 

長期レビュー

2010年8月 遮熱用の日傘を購入

 雨の日も使える雨天兼用形の日傘を買ってみた。選んだのはリーベンのひんやり傘。銀色の厚い塗装がされていて日射を遮る。使ってみると、なかなか快適だ。

リーベンのひんやり傘 「男性に日傘はおかしい」そう思うかもしれないが、一度使うと手放せない。炎天下が快適に移動できる。もっと早く使えばよかった。

 

 

2019年3月 リーベンの傘を置き忘れで失くす

 購入して約9年使ってきた結果は良好。どこも壊れず、生地を縛る紐がほつれることもなかった。表面の銀塗装が剥げることもなかった。

 濡れたまま畳んだことが多かったせいか、内側の生地に少しカビが生えてしまった。ちゃんと乾かすようにすれば問題なさそうだ。

リーベンの傘 今度もまた、リーベンの日傘を購入。いぶし銀のひんやり傘と、折り畳み傘の2種類。アンティークゴールドといって金色っぽい商品もある。

 折りたたみ傘はとても軽く、実測250gしかない。普段鞄に入れて気にならない重さ。少しさしにくい欠点があるので、非常用に使っている。

 

 

<参考購入先>
リーベンの傘 信頼できる品質の傘です
ひんやり傘 オモテ面シルバー(太陽からの熱射を反射)、裏地黒(地面からの熱射吸収)が理想
傘の補修部品 今時珍しい補修部品

<関連記事>
1.懐中電灯の選び方~Amazon(アマゾン)に溢れる怪しい中華業者と激安商品の実態
これで失敗しない!初心者にも安心!!~ウォーキングシューズの選び方