アイリスの欠陥商品「ウッディロッカー」を改善する

 アイリス ウッディロッカーWDL-1500WV。写真は2018年5月、組み立て直後の様子。デザイン、収納、機能的に優れたロッカーだが、決定的にダメなところがある。それはシャッターが変形してダメになること。メーカーとやり取りするうち、いろんな問題が見えてきた。

ウッディロッカー外観

 

問題点

 下は10月の様子。下の方がひどく変形している。1シーズン(ひと夏)でこの有様。こうなると著しく開閉しにくい。シルバーの塗装は亜鉛メッキ塗料。紫外線による表面の劣化を防ぐため[1]

変形したウッディロッカーのシャッター

変形したウッディロッカーのシャッター

 

原因

 シャッターの素材は何かと思ったら塩化ビニール樹脂。60℃くらいから軟化してしまう。夏場の日中、日の当たる場所にあれば容易にその温度に達する。

 なぜ下だけ変形するのか。このシャッターは閉じた時、下の板にシャッター全体の荷重がかかる。写真のように少しだけ隙間を開けて手を離すと自然に落ちていく、ということは下が支えれば板に荷重がかかるということ(そのまま止まっているなら荷重はかからない)。

ウッディロッカーのシャッター下端

 つまりこの問題の原因は、荷重がかかった状態のところへ熱が加わること。対策は、「熱に強い材料に変える」か、「荷重がかからないようにする」こと。となる。

 

メーカーの対応

 変形したところで2回メーカに相談している。1回目は一番下の1枚だけ交換(このシャッターは3枚繋ぐ形になっている)、2回目はシャッター3枚全部交換の対応になった。

 今年もまた変形するだろう。言えば交換してくれると思うが、また同じことが起こるのは目に見えている。

 メーカーに状況を詳しく説明し、変形した材料を送り返しているのに、一向に対策をとらない。材料を変える気はないか、と聞いたら「ない」という返事だった(2019/11/19)。

 商品そのものに欠陥があるのを認めない。問題が起きたら、ひたすら交換を繰り返すだけ。それがアイリスの対応だった。

 

対策

 メーカーが対策しないなら、こちらで対処するしかない。対策の2番目「荷重がかからないようにする」をやってみる。

 方法は、カウンターウェイトを吊り下げる形になる。写真はシャッター上端にウエイト用の紐(ロープ)を結び付けた様子。

カウンターウェイトのロープを接続した様子

 下は紐の端に吊り下げられたカウンターウェイト。パイン集成材の切れ端(350×200×20)を結んである。斜めに吊り下げたのは下降するときの引っ掛かりを防ぐため。先端だけ面取りしてある。ロッカーの背面には途中段差がある。写真のように、先端がここより下になるよう設置すると良い。

吊っているカウンタウェイトの様子

 結構摩擦が効くので、重さは適当でいい。要は、下をちょっと開けた状態で、手を離すと自然に落ちていかないようにできればOKだ。

 紐や錘をステンレスや石に代替できるが、周辺の傷つきやスペースを考えると今回の素材がベスト。

 

運用の工夫

 シャッターさえちゃんと機能すればいい商品。

 標準だと棚板が少ないので追加した。スチール棚という商品が別売りされている。台風などによる転倒防止にLフックボルトを使用。背の高いロッカーなので、何らかの形で固定しておきたい。

ウッディロッカー固定部

 

<参考購入先>
アイリス ウッディロッカーWDL-1500WV
スチール棚
いろいろあります。適当なものを使ってください
Lフックボルト 風の転倒対策に何か必要です

<関連記事>
1.屋外でプラスチックを100年もたせる~紫外線劣化を完全防止する究極の保護コート
1ヶ月で切れるパルックボールプレミア~白熱電球の付かない照明器具をLED化する