ソニータイマーは存在するか

 昔から、ソニーの製品は性能はよいが、壊れやすいという通説があった。私もソニーの製品(ラジオやビデオデッキ、テレビ)をいくつか買ったことがあるが、確かに壊れやすかった。ソニーの製品は限界設計してあるのではないか、と私なりに考えていた。

 いつ頃、だれが作ったのか知らないが、「ソニータイマー」という言葉が存在することを最近知った。これはソニー製品の中に意図的に組み込まれた、1~2年くらいで壊れてしまうような耐久性の低い部品のことをいう。つまりこれを仕込んでおけば、保証期間が切れたくらいで壊れて買い換えや修理需要を喚起できるというわけである。ちなみにソニーの製品が予定通り壊れたとき、「ソニータイマーが発動した」というそうだ。

 こういうタイマーは存在しないという人もいるが、火のないところに煙は立たない。多くの人が同じような症状を訴えていると言うことは、やはりそのような考えを設計に取り入れたものがあるのだろう。私も昔から漠然と感じていたことだけに、「ソニータイマー」という言葉を聞くと「やっぱりそうだったのか」と妙に納得してしまうのである。

 同じ物を何年も使われては儲からない。だから意図的に寿命を作ってやろうという考え方は以前からある。しかしこのようなタイマーを精度良く作動させるのは難しい。万一、タイマーが保証期間内に作動してしまえば、無償修理しなければならない。通常はこのようなリスクを避ける為、発動期間に余裕をみる。しかし、一般のメーカが作るタイマーの精度はあまり良くないため、発動時期にばらつきが出て、2年で壊れる物もあれば5何年経っても壊れないものも出てくる。そのため目立たないのだ。

 高い技術を持つメーカでは正確なタイマーを作ることができる。タイマーの精度が高いと、その作動時期の設定を限りなく保証期間に近づけることができる。ソニーの場合は、タイマーの作動が正確で確実なため、目立ってしまったのかもしれない。高い技術力が仇になったといえる。

 ソニータイマーは実際に存在せず、製品全体の設計寿命が問題なのかもしれない。通常ほとんどの家電製品の保証期間は1年に設定されている。しかし、ユーザーはもっと長いスパンの寿命を期待する。何万円も出して買った家電製品がわずか数年で壊れてしまっては困るのである。
 ソニー製品が1~2年程度で壊れるものが多いのは製品の設計寿命をその程度しかみていないのかもしれない。これでは明らかに短いし、それがまた設計通り確実に壊れるから目立っていることも考えられる。

 

<関連商品>
ソニーの商品
ソニータイマー関連書籍一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です