ソニータイマーは存在するか

 昔から、ソニーの製品は性能はよいが、壊れやすいという通説がある。私もソニーの製品(ラジオやビデオデッキ、テレビ)をいくつか買ったことがあるが、確かに壊れやすかった。

 そこで、ソニーの製品は限界設計(耐久性に余裕をみない設計)をしているのではないか、と私なりに考えていたが、ある日「ソニータイマー」という言葉があることを知った。

 そのようなタイマーは存在しないという意見もある。そこで今回は、ソニータイマーについて考えてみた。

 

 

ソニータイマー存在説

  同じ物を何年も使われては儲からない。だから耐久性の低い部分を意図的に作る考え方は以前からある。しかしこのようなタイマーを精度良く作動させるのは難しい。

 タイマーが保証期間内に作動した場合は、無償修理しなければならない。通常はこのようなリスクを避ける為、発動期間に余裕をみる。

 一般メーカが作るタイマーの精度はあまり良くないため、発動時期もばらつく。2年で壊れる物もあれば5何年経っても壊れないものも出てくる。こういう場合、タイマーの存在が目立たず、気づかれることもない。

 ソニーのように高い技術を持つメーカは、正確に作動するタイマーを作れる。この場合、発動時期のばらつきが小さく、保証が切れたくらいで多くが壊れる。結果的に目立ってしまい、「ソニータイマー」などという言葉が生まれたのではないか。

 ちなみにソニーの製品が予定通り壊れたとき、「ソニータイマーが発動した」というそうだ。

 私も昔から漠然と感じていたことだけに、「ソニータイマー」という言葉を聞くと「やっぱりそうだったのか」と妙に納得してしまう。

 

スポンサーリンク

 

ソニータイマー不在説

 ソニータイマーが存在しないとすれば、単に製品の耐用年数(設計寿命)が短い可能性が高い。

 メーカー保証期間は1年が多い。しかしそれはあくまで保証期間。ユーザーはもっと長期の寿命を期待する。高いお金を出して買った製品が、わずか1~2年で壊れてしまっては困るのである。

 

結論

 結局、ソニー製品が1~2年で壊れるのは、精度の良いタイマー(耐久性の低い部品)が意図的に仕込まれているか、製品の設計寿命をその程度しかみていないかの、いずれかであろう。

 

<関連商品>
ソニータイマー