窓際の冷気を防ぐ

暖房をしているのに足元が寒い。寝ていると冷気を感じる。この原因の大半は窓際のダウンドラフトによる気流や、サッシ隙間からの冷気の侵入によるものだ。問題は床付近に冷たい空気の「流れ」ができてしまうことにある。

窓際の冷気対策グッズには様々なものが市販されているが、L字型の防壁が簡単な施工で優れた効果を発揮する。

DSC03368きれいに施工するためには工夫がいる。L字の部分を窓側に向けて設置し、垂直面の幅を窓枠の外寸に、底板の幅を窓枠の内寸に合わせて写真のように切欠きをつくる。垂直面に両面テープを貼り、窓枠に貼り付ける。

 

DSC03369 両面テープを使う際に注意がある。この手のパネルの表面には離型剤が付いていてテープ類が付かないことが多い。パネル側の貼付面をよく脱脂して使うことがポイント。

写真はカーペット用の両面テープを付けたところ。弱粘着(青)の面を窓枠側にして固定する。底部も数箇所固定すれば綺麗に収まる。

 

 

下の写真は施工例。この防壁は「動かない空気は断熱になる」原理を利用している。とはいえ、防壁内外の温度差は3~4℃でありそれほど断熱効果は高くない。しかしダウンフローによる床付近の冷気の「流れ」が無くなった効果は大きく、足元が冷えて寒いという不快な状況は間違いなく改善できる。

 DSC03332

 

DSC01328a

2016/1/10追記
 倒れやすいボードを安定させるため金属製のブックエンドをサポートに使ってみました。白が目立たずお勧めです。

 

2016/12/15追記
 窓際に設置したところ。幅寸法ピッタリに切って嵌めただけですが、裏の模様が透けていい雰囲気が出たので写真に撮りました。
 ボードの垂直部は窓側に倒してあります。こうすることでボードが安定し、カーテンにも干渉せず開閉がスムースです。

 

 

<参考購入先>
窓際ボード 私はトップバリュ 冷気シャットボードMを使っています
IPAイソプロピルアルコール 500ml 脱脂洗浄剤。様々な用途に万能に使えます

<関連記事>
冬場の結露対策とその効果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です