コーヒー通を唸らせる HARIO V60コーヒーメーカー

 私はコーヒーが好きで生活に無くてはならない飲み物になっている。しかし面倒なのは嫌いだ。カニは美味しいが、殻を剥く手間が味に見合ないと思っている。コーヒーも豆から挽く面倒が味に見合わないから、結局「粉を買ってきてペーパードリップにする」に行き着いたことを以前ご紹介した。
 コーヒーの味に影響する因子には次がある。みなさんはどれが一番影響すると思うだろうか。

A-1 生豆から焙煎して使う
A-2 焙煎された豆を使う
A-3 粉に挽いたものを使う
B-1 ネルでドリップする
B-2 ペーパーでドリップする
C-1 ダラダラとお湯を注ぐ
C-2 蒸らしてから数回にわけてお湯を注ぐ
D-1 お湯の温度は適当
D-2 お湯の温度管理をする

 A-1は経験がないのでよくわからないが、A-2とA-3は違いがある。しかし手間とコスト(一般に豆のほうが高い)に見合うほど大きくは無いように思う。
B-1とB-2の違いはメッシュの粗さとろ過速度の違いにすぎない。ネルはそのバランスがコーヒーに適しているのだろう。もちろん味はネルが優れるが、ネルは後始末や管理が面倒なので、ほとんどの人が使い捨てできるペーパーの便利さに見合わないと考えるに違いない。ちなみに自販機のミルドリップが粉っぽくてマズイ原因は金属の目の粗いメッシュを使っているせいだ。
C-1,C-2は淹れ方に関するもので、これは味に結構関係すると考える。
D-1,D-2も味に関係するが、温度によって出てくる成分が異るため何℃がベストという話ではなく好みの問題になる。管理の有無は味の安定に関係するだけだ。

 

たくさんのパラメータがあるが飲み物や料理での場合たいていパラメータが独立しているため個別に評価でき、品質工学の出番はなさそう。
市販の多くのコーヒーメーカーはA-3 & B-2 & C-1 & D-2(熱湯に近い) の組み合わせになる。高級機になると A-2(豆のミル挽き)が可能になり、淹れ方にこだわる機種では C-2(蒸らし&間欠注湯)を実現したものがある。今回はC-2にこだわったHARIO V60を買ってみた。

DSC003131

左がその写真。メーカのこだわりが随所に見られる商品で、注目はお湯の注ぎ。プロの手法を自動にした点がすばらしい。その味は数千円で買えるコーヒーメーカとは雲泥の差がある。これで作ったコーヒーを飲めばこだわる人でもハンドドリップはもう必要ないと感じるかもしれない。
 手前に見える容器はメリタのMJ-2156。使い勝手、容量、耐久性ともに完璧に近い商品でコーヒーストッカーの決定版。

 

  最近カプセルコーヒーが増えてきた。一人暮らしで少量抽出する際便利で、とても美味しいが、ランニングコストが味に見合わない(袋で売っている粉の数倍は高い)。そうすると作りおきしたくなるが、朝作ったものを昼まで持たせるのがやっとだ。作りおきは冷蔵庫で5時間、常温では2時間くらいが限度のように思う。このあたりが次の課題になりそうだ。

 

2016/12/15追加

 汚くなってきたドリッパーをステンレス製のV60メタルドリッパーに変えてみました。座がシリコン製のため滑りません。寿命は半永久。お勧め。

 あと、ペーパーはやはり専用品を使う必要があります。カリタや100均の品は底が抜けることが結構ありました。

 

 

<参考購入先>
HARIO V60 コーヒーメーカー
V60用ペーパーフィルター 一般のフィルタは底が抜けて酷いことに・・専用フィルタをお勧めします
Melitta ステンレス キャニスター MJ-2156 悩ましいコーヒーのストッカーはこれで完璧です
コピルアク 幻のコーヒー豆。一生に一度でいいから味わいたいですね
ブラックピーマン ティーキャンディー
 ついでに茶葉のストッカーを紹介します。お茶もこれで完璧、オール金属製のため半永久的に使えます。

 <関連記事>
コーヒーの関連記事