コーヒーメーカーの保温プレートを長持ちさせる

DSC01297a 写真はハリオV60の1年過ぎた様子。ハンドドリップに匹敵する味を作り出すコーヒーメーカーとして以前紹介したもの。写真の通り、保温プレートがかなり痛んできた。下地が錆びてフッ素コートが浮き上がり剥がれている。
 コーヒーメーカーは保温プレートがウイークポイントで、多くの商品で同じ問題を見てきた。この部分はステンレスが適しているはずだが、ほとんどのメーカーが鉄にフッ素コートしている。

 保障期間内に修理に出しても良かったが、どのみち同じこと。DIYで直すことにした。

 

 

DSC00002a 写真は底面のカバーを外して保温プレートを取り出したところ。ヒーターとはシリコングリスで接していたのでプレートは簡単に外れた。この構造は熱によるストレスがかからない。安い商品ではヒーターがプレートにろう付けされており、大抵この部分で壊れる。

 底面カバーのビスは5箇所で、2箇所はグレーの足(ゴムブッシュ)を抜くと見える。プレートと本体との間にはシリコンのOリングが付いていて内部に水が入った形跡はない。

 

DSC00003a DSC00004b

左はプレートの表面をケレン(サビ取り)したところ。サビが酷かったので酸洗いした。右は亜鉛メッキ塗装(ローバルがお勧め)1回目の様子。2回塗り重ねて乾燥したら元通りシリコングリス(CPU放熱用でよい)を塗って組み立てる。

 

DSC01300a DSC01304a 

ついでに調子悪くなったボタンもメンテ。ボタンのパーツは手前からツメで嵌っているだけなので本体上カバーを外して内張りはがしを使い押し出す。上カバーのビスは湯口周辺4箇所、注水口両隣2箇所(メクラカバーに隠れている)。 V60はほとんどの部品がパーツ単位でバラバラにできるのでメンテしやすい。

 ボタンの不調は穴に油のようなものが詰まって固まっていただけだった。清掃してRational003を塗布。ついでに電源ボタンとLEDに不乾性パテを巻いて防水強化。

 

DSC01271a

 修理が終わったV60。外装にリボス社のカルデット 黒檀を塗布してしっとりとした質感を与えた。これはクルマ用に開拓したコーティング剤(後述のリンク参照)の一つ。

 亜鉛メッキの塗膜はまる1日養生が必要。通電して塗装に膨れが出来る場合は養生が足りない。亜鉛メッキの塗膜は当初綺麗に見えるが、次第に酸化して汚く色ムラが目立つ時期がある。これを超えると全体が落ち着いたグレーになり、硬い堅牢な皮膜が完成する。

 今後、保温プレートや外装のメンテは同じ塗料を塗り重ねていくだけでOKだ。

 

 

 

<関連商品>
亜鉛めっき塗料 鉄錆びの防止からプラスチックの保護まで万能に使える塗料です
不乾性パテ 防水保護に広く使える不乾性パテ。DIYの必需品です
内張りはがし 分解メンテに不可欠な内張りはがし。安物のセットに注意
HARIO V60

<関連記事>
コーヒー通を唸らせる HARIO V60コーヒーメーカー
自然塗料によるカーコート
屋外でプラスチックを100年もたせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です