BRZ,GT-R・・実はつまらなかった本格(風)スポーツカー

 86・BRZとGT-Rが新しくなるという。変更点はいろいろあるが、要するに見た目を変えてちょこっとパワーアップするという、お決まりのパターン。その目的は明らか。販売のテコ入れだ。

 

 私は、こういったスポーツカーと称するクルマがあまり売れない原因は、メーカーがスポーツカーを作ってこなかった事にあるとみている。「スポーツカーなら昔から沢山あるだろ?」そう思うかもしれない。確かに国内には「スポーツカー」と称して売られている(売られてきた)クルマが多くある。しかし、そのほとんどは加速が凄いだけのハイパワー車か、スポーツ風の外観を持つラグジュアリーカーでしかない。

 スポーツカーとして成立するための重要な指標に、パワーと重量の比率がある。これについて、パワーウェイトレシオが知られているが、基準がないので参考程度の役にしか立っていない。下のグラフは以前公開したもの。

carweight

 

2Lを超えるとエンジンの慣性が大きくなるので2Lが上限の目安になる。

 

グラフ1:走りが楽しく感じられる車重の限界(経験則)

 塗りつぶしの領域に入るクルマは、一番大切な、基本的な部分でスポーツカーの素質を持っている。こういうクルマはサスペンションや操作系フィールなど、他の条件(後述のリンク参照)が揃うと、まるで手足の延長に強力な動力が追加されたかのようなイメージで、思い通りに操れるクルマになる。それがスポーツカーだ。

 領域から離れたクルマにカッコいい外観を与えて「スポーツカー」と称しても、スポーツ風のクルマにしかなれない。こういう素質の無いクルマに大径ホイールやレカロ、6MTを与えてたところで、どうにかなるものではない。
 スポーツカーには一定の需要があるはずだが、スポーツ風のフェイクカーを好んで欲しがる人は、あまりいないはず。払う金額に見合ったメリットがないものにお金は出さない。それが普通の消費行動だ。

 グラフの左端(軽自動車)のNAの領域に入るクルマに「軽トラック」がある。峠で煽られた人もいるだろう。これもスポーツカーの素質を持ったクルマといえる。

 

 スポーツカーはよく「レーシングカー」と混同される。両者の区別が曖昧な人も多いようだ。レーシングカーは速く走ることを目的に作られたクルマであって、スポーツカーではない。スポーツカーにとって、速度やタイムは重要ではない。「ゼロヨンの加速が何秒」といったことは、どうでも良いスペックになる。クルマ雑誌を読みすぎるとスポーツカーとレーシングカーを混同しやすくなるので注意したい。
 優れたスポーツカーは、渋滞でゴーストップを繰り返すときでも、コンビニの駐車場にバックで停めるときでも、十分その良さ(主に応答の速さ)を実感できる。

 

 GT-Rや86・BRZといった、スポーツ風のクルマを買った人は今頃どう思っているだろう。おそらく

「スポーツカーってこんなもんだったのね」「今度はちゃんとしたクルマを買おう」

が多くて「次も同じ車を買おう」と考える人は少ないのではないか。
 メーカーは長いこと、スポーツカーの素質のないクルマにスポーツカーのような外観と装備を与え、スポーツカーと称して売ってきた。そんなクルマが消費者を満足させるはずもなく、期待を裏切って終わってしまう。こういうことを続けていると、スポーツカーの市場は消えてしてしまうかもしれない。

 

 GT-Rが最も輝いていたのはR32の前期型だった。スペック以上の実馬力と4WDのおかげで直線だけは非日常を体感できるクルマだった。その後どんどん車重が増加し、今ではクラウンより重い怪物になっている。
 86・BRZのNA2L、1.2トンというスペックは上記グラフの領域をはみ出す。AE86の軽快な走りを期待して買った人は、がっかりしたに違いない。もし86・BRZにターボが与えられていたら・・まったく違った評価が得られていたに違いない。

 

<関連商品>
スポーツカー関連書籍 これらのレビューやスペックが参考になります
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<関連記事>
クルマの選び方~試乗ではここをチェック!
間違いだらけのスポーツカー選び~速度やパワーの延長に走りの楽しさは無い
フェアレディZはロードスターに比べてどのくらい運転がダルいのか
スポーツカーの選び方~疲れるクルマはスポーツカーではない スポーツカーの条件を記述しました
試乗記~スバル BRZ S 6MT

 

BRZ,GT-R・・実はつまらなかった本格(風)スポーツカー」への4件のフィードバック

  1. おゆ

    スズキの新型アルトワークスをお忘れでは?

    660ccターボのFFで670kg、4WDでもわずか720kg。
    グラフで言えば一番左下に分布します。

    試乗されるとよろしいです。恐ろしい仕上がりです。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      おゆさん、ご紹介ありがとうございます。アルトワークスのターボは800キロ台のN-ONEやS660とは別次元のようですね。機会があれば試乗してみたいと思います。

      返信
  2.  雑談ですが、うちのクルマはMAZDASPEED AXELA(BL3FW)最終後期型です。

    もともと、実用性重視でガチなスポーツは求めておらず、「スポーティー」カーで人や荷物がしっかり積めて、そこそこ楽しくキビキビ走ってくれたら充分と思っていました。
    大学時代の知人が乗っていたCivicVTiの印象がよかったので、その影響を受けていると思います。
    もともと、予算上限いっぱいだっし、中古車は考えてなかったので、選択の余地はなかったわけですが。

    実際思惑通りのクルマではありますが、グラフの端っこに乗れないまでもなんとか近づけそうな感じではあります(2260cc/1450kg)。
    燃費はハナからあきらめていましたが、思ったほど悪くない(市街地7~8km/l)ので助かっています。

    あと、自分で所有するとしたらで検討したのはSWIFT Sports(6MT・1586cc/1040kg)ですが、こちらはなんとかカスっているようですね。

    返信
    1. 創造の館 管理人 投稿作成者

      ゆさんいつもお世話になります。

      実はグラフの1.6L1トンのボーダーラインはスイフトスポーツが基準になっています(2012年の試乗記事があります)
      当時はシートの仕上がりやMTのフィールに違和感があり購入に至りませんでしたが、素質はありますので今後も注目できるクルマです。

      今はロードスターとS660が候補としてあがりますが、どちらもオープンカーというのが大きなネガです。N-ONEのターボも候補ですが
      MTが無い・・結局今選べるスポーツカーは、ナッシングなんですよね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です