アンモナイトの軟体部が残る幻の化石

 私が中学生の時、浜松の高台中学にK君(姓名:かもはら)という同級生がいた。彼の家に遊びに行ったとき、アンモナイトの化石を見せてもらったことがある。それがなんと、タコのような軟体部の跡が残るものだった。

 しかもそれは、灰色の頁岩が綺麗に二つ割りされたオスメスのセットで、複雑な縫合線も確認できて、ニセモノには見えなかった。

 その後、彼の家を訪ねたが、家主はすでに入れ替わっていた。私がアンモナイトの軟体部跡を見たのはそれが最初で、その後見たことがない。今でも探し続けている、幻の一品である。

 

<参考購入先>
アンモナイト 磨かれた装飾品は標本としての価値がありません

<関連記事>
幻の赤い宝石(パイロクスマンガン石)を求めて
岩石・鉱物の収集と思い出
隠れた名品~シュタインハイルのPeakルーペ